情報発信

コンテンツ販売ビジネスの3つステップ

Pocket

これから副業や起業をするにあたって、自分の好きなことや得意なことをして生きていきたいという方は多いと思います。

インターネットを使ってパソコン1台で、時間と場所に縛られず、お客様に感謝されながら自分の好きなことでお金が稼げたら、そんな最高な世界はないですよね。

僕も昔はパソコン1台持って時間と場所に縛られず自分の好きなことができる仕事に憧れていました。

カフェで仕事したり、旅行しながら仕事したり、田舎に住んでもできるようなフリーランスな働き方に凄く憧れていたのです。

実は、今インターネットを使って時間と場所に縛られず、自分の好きなことをしてお金を稼ぐ時代がやってきました

 

それが「コンテンツ販売ビジネス」です。

「コンテンツ販売ビジネス」とは、自分の好きなことや得意なことをpdfや動画、音声などのデジタルコンテンツ化してお客様へ提供することを言います。

では、具体的にどのような手順に沿ってビジネスをしていくかを解説していきますね。

手順はとてもシンプルで、コンセプトを考える→集客する→セールスするの3ステップです。

コンセプトを考える

まずはコンセプトを決めます。

ターゲット客を決めて、そのターゲットの悩みを自分の得意なことや強みでどうやって解決していくのか?

例えば、あなたが20代男性の会社員に副業を教えたいというのであれば、転売を教えるのか?それともアフィリエイトを教えるのか?不動産投資を教えるのか?

やり方は、たくさんあります。

ここで注意してほしいのは、教えるコンテンツは自分がこれまでに何か実績を出してきたものがいいです。

それは転売やアフィリエイトで月10万円を稼いだことでもいいですし、過去にセールスで会社でNo.1を取ったことなど何でもいいです。

大切なのは目に見える実績があるということ。

逆に実績がないと商品のオファー弱くなるので売れにくくなります。

もし、自分でお金を稼いだことやNo.1の実績を取ったことがない場合は、まずは実績を作ることがはじめて下さい。

あなたが何もスキルや経験、実績がない場合は、転売から始めるといいです。

転売だと1~3ヶ月ぐらいで成果が出るので、短期間で成果を出して教えることもできます。

参考:

集客する

そして、商品を作ったら、次に見込み客(お客様)を集めていきます。

見込み客を集める方法は、LP(ランディングページ)をつくります。

ランディングページとは、簡単に言えば見込み客のリスト(メールアドレス)を獲得するページです。

ちなみに下の画像がLPになるのですが、このようにLPを作って、このLPにアクセスを流していきます。

LPにアクセスを流す方法としては、Facebookやインスタグラム、、TwitterなどのSNSを使ってランディングページにアクセスを集めてリストを取っていきます。

SNSは無料でいろんな人に発信できるので、見込み客を無料で集めることができます。

他にも、フェイスブック広告やインスタ広告、Youtube広告などを使って、お金をかけてLPにアクセスを集めてリストを取っていきます。

リストを取得したら、3本の無料動画を送ったり、メルマガを発信して見込み客に価値提供していきます。

動画やメルマガの内容は、自分が苦労したことや、大変だったこと。そこからどうやって悩みを解決してきたか?

どんなノウハウを使って目標を達成することができたのか?

また自分以外に他にどんな人が実践して成果を出したのか?

その方法や考え方、価値観を見込み客に提供していきながら信頼関係を築いて、あなたのファンを作っていきます。

セールスする

そして、価値提供して興味がある見込み客に対して、自分のつくった商品をセールスします。

セールスのやり方は色々あり、セールスLPを作って販売するやり方や、興味がある方に個別説明会や体験セッションに誘導して商品を売るやり方など色々あります。

セールスの方法は、販売する商品単価によって変わってきます。

10万円以下の商品はオンライン上で販売することができますが、30万円以上の高額商品はオンラインで販売するのは厳しいので、説明会に誘導して商品内容を説明して販売するケースが多いです。

まとめ

このようにコンセプトを考える→集客する→セールスするの3つのステップに沿って、実践することで自分の好きなことや得意なことでお金を稼いでいくことができます。

この3つの中でどれが一番重要かというと、どれも同じくらい重要です。

売上の公式は、売上=商品単価 x 集客数 x 成約率で決まります。

例えば、商品単価3万円で集客数が10000人いても成約率が0であれば、売上は0なのです。

だから、このコンセプトを考える→集客する→セールスするの3つはどれも大切だと言うことを覚えておいて下さい。

関連記事

  1. 情報発信する上で大切なこと
  2. 有名起業家達がこっそり使うプロダクトローンチとは!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP