カメラ転売

チャンスを掴み取れるかは行動の差!

Pocket

ビジネスで成果を出す

自分の好きなことに

カメラ転売で実績を上げるにあたり、意識することがあります。

 

これを守っている人は必ずといっていいほど、後に上手く人が多いです。

 

数を販売する

 

初心者がリサーチしてもいきなり利益が取れる商品を見つけるのは至難の業です。

 

一個2000円以上の利益が取れる商品を初心者の人が見つけるには1日かけても見つけられるかどうかです。

 

理由は商品知識がないからなんです。

 

ヤフオクやメルカリに並んでいる商品がいくらで仕入れたらいくらで売れるかというのが頭に入っていないので上手く仕入れできないわけです。

 

では、いくらで仕入れたらいくらで売れるかを覚えるにはどうすればいいかと言いますと

 

とにかく、仕入れ販売を繰り返して慣れるしかありません。

 

いわゆる数稽古ってやつです。

 

利益が1円でも出るくらいなら仕入れして販売をしてしまった方が勉強になります。

 

赤字になるのが恐いかもしれません。

 

なので、最初は商品単価が安いものでも全然構いません。

 

とにかく数を販売すると頭に各商品の相場が入るので仕入れしやすくなります。

 

例えば、ヤフオクでipodを¥1000で売ったことがあった場合

 

同じものがフリマーケットで¥100で売られていたら

 

過去に¥1000で売ったことがあるので買いますよね?

 

これと同じ感覚で商品知識を増やしていけば仕入れ幅をグッと広がります。

 

売上

 

次に意識するのは「売上」です。

 

「利益や利益率ではないの?」と思ったかもしれません。

 

ただ、大切なのは売上を上げる力があるかどうかです。

 

これはカメラ転売に限らず、他の転売ビジネスでも同じです。

 

そもそも売上があってこそ利益があります。

 

売上を上げれないと利益も上げれません。

 

利益率が低くてもとにかく売上を上げれるポテンシャルがある人は

 

少しずつ利益率を改善していけば、利益は上がっていきます。

 

僕も普段しているのは利益よりも売上です。

 

大体、自分の利益率というのはある程度決まってきます。

 

僕の場合は、毎月利益率13~15%となります。

 

なので、利益50万円出すには、この利益率から換算すると350~400万円売上を上げないといけませんよね?

 

売上を350~400万円上げるとなった場合、いくら仕入れしないといけないか?

 

という風に逆算して物事を立てていけば目標を達成しやすくなります。

 

まとめ

 

 

初心者の人は、利益にフォーカスしがちですが

 

まずは数稽古と売上を意識して見て下さい。

 

少しずつ慣れてきたら質を高めていけば大丈夫です。

 

いきなり質ばかり極めようとしても絶対に上手くいきませんよ。

 

 

 

関連記事

  1. メルカリ中国輸入は稼げるのか!?
  2. カメラ転売で継続して月収30万円稼ぎ続けるには?
  3. カメラ転売する人は検品のやり方を知っておこう!
  4. 副業サラリーマンが転売で仕入れを効率化させる4つのポイント!
  5. 転売ビジネスで脱サラして自由になるには!
  6. カメラ転売で月収30万円達成するための条件!
  7. 破格の価格で中古カメラを店頭に置いているリアル店舗紹介
  8. 転売初心者が仕入れができるようになるコツ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP