八原 昌太郎ブログ 物販起業コンサルになるまでのロードマップ

リサイクルショップを開業して仕入れするならネットビジネスが儲かる!

副業

Pocket

 

リサイクルショップを開業して仕入れて販売をしたいと言う方もいるかと思いますが、まずはインターネットを使った転売ビジネスをすることをオススメします。

 

このネット型の転売ビジネスは、ネット仕入れのネット販売が可能で、少ない初期費用で始めることが可能で個人が参入しやすいビジネスモデルとなります。

 

インターネットを使って転売ビジネスに取り組むことで個人でも稼ぎやすくなりました。

 

ただ、誤解してほしくないのはインターネットを使ったら楽して稼げるというわけではなりません。

 

実際に転売ビジネスでお金を稼ぐとなったら、それに見合った行動量は必要になってきます。

 

ただ、行動量と結果が比例るすので、成果がでやすいビジネスモデルとなっております。

 

行動すれば売上と利益は上がりますし、行動しなければ売上も利益も上がりません。

 

今回はなぜネットビジネスが稼ぎやすいと言われているのかを説明していこうと思います。

集客が不要なので商品が売りやすい

転売ビジネスは、インターネットでAmazonやヤフオク等のプラットホームで商品を販売していくとご自身での集客が不要になります。

 

商売で一番難しいのが集客となります。

 

ほとんどのお店がせっかくいいモノを作っているのに、集客できず、世の中の人に知られないまま潰れていくお店が多いです。

 

ただ、Amazonやヤフオクで商品を販売していくと、すでに人が集まってくるところに出品するので集客する必要がないのです。

 

すでに人が集まってくるAmazonやヤフオクで商品を出品することで、売れる商品さえ扱えば初心者でも簡単に儲けることが可能なビジネスになっています。

 

固定費がほとんどいらない

 

飲食店やフランチャイズでコンビニを開業するとなると、何千万円もの初期費用が必要になるので、開業するだけでもかなりハードルが上がります。

 

もちろん、店の立地や店の広さによって、もっと開業費用を安くすることも可能ですが、それでも何百万円のお金が必要になってきます。

 

先ほど話した通り、お店を開業したとしても、自分で集客をしないといけないので、ビジネスを軌道に乗せるまでにかなりの時間がかかります。

 

その間、お客が来なくて売上が立たなくても、店の賃料や人件費、電気代、ガス代、水道代、仕入れ代等の支払はしないといけないので、最初のうちはかなり苦しい時期を乗り越えないといけません。

 

ただ、ネット転売の場合は、固定費がほとんどかかりません。

 

Amazonで販売していく場合だと、月額利用料が5000円程で出品し放題となり、あとは販売した際に出品手数料引かれるぐらいです。

 

※Amazonの出品手数料に関しては、カテゴリ毎に違うため下記にて参照下さい。

https://services.amazon.co.jp/services/sell-on-amazon/fee.html#SOA_Ref_Fee

 

転売ビジネスで月収100万円までであれば自分一人いれば稼ぐことができるので人件費もかからないのです。

 

転売ビジネスでAmazonが稼ぎやすい理由!」でも説明していますが、AmazonのFBAサービスを使うと、Amazonのスタッフが発送業務やクレーム対応をしてくれるので少ない時間でも稼ぐことができるのです。

 

仕入費用に関しても、現金が無くてもクレジットカードがあれば仕入できるので、個人が簡単にビジネスに参入することができるのです。

 

クレジットカードの使い方に関しては「転売でクレジットカードを上手く使い資金ショートさせないコツ!」を参考下さい。

 

24時間365日商売することができる

 

ネット出品の場合は、ネットに商品を出品していれば、ネットのサーバーがダウンしない限り、あなたが寝ていようが遊んでいようが、24時間365日商品を販売することができるのです。

 

これが実店舗の場合は、営業時間が決まっているので、24時間営業というわけにはいかないですし、仮に24時間営業するとなると人件費がかかります。

 

しかも、24時間店を開けていても、お客様が来る時間は限られるので、正直言って人件費の無駄ですよね。

 

ネットの場合は、固定費がほとんどかからない上に、インターネットを見ている人へ24時間365日商品を販売することができるのがいいところですね。

 

販売商圏が広く日本全国に販売することができる

 

実店舗の場合は、ある程度販売の商圏規模が決まっているので、売上利益はある程度頭うちになってしまいます。

 

どういうことかと言うと、仮に地元で自分のお店を開いたとすると、来てくれるお客様は地元かその付近の人しか来てくれません。

 

よっぽど有名なお店でない限り、何百キロ離れた遠方の方から、わざわざ自分のお店に足を運んでくれませんよね?

 

実店舗の場合は、出した場所によって販売商圏が決まってしまうので、どうしても店を開いた周辺の人しか集客することができないのです。

 

一方、インターネットを使って商品を販売するとなると、日本全国の人がインターネットを使ってネットにアクセスするので、日本全国の人に商品を販売することが可能なのです。

 

特に、今は完全にネット社会であり、オンラインショッピングモールで買い物する人が増えている中、今後更にネットでの買い物が主流になることは間違いありません。

 

ネットを使うことにより販売商圏が日本全国に広がるので、売上規模というのは計り知れません

 

仕入れするならヤフオクやメルカリを利用する

 

販売に関しては、初期費用や固定費がかからない上に24時間365日商品を販売するメリットがあると伝わったと思います。

 

では、仕入れはどうすればいいのかというと、皆さんが一度は購入したことがあるヤフオクやメルカリで仕入れすることができます。

 

ヤフオクやメルカリを見てもらったらわかりますが、数十万点以上の商品が出品されています。

 

その中は、まさに宝の山で、市場の相場とかけ離れて安くで出品されている商品がたくさんあります

 

なぜかというと、メルカリやヤフオクは個人が小遣いが欲しいがために不用品を出すので、相場を知らずに出品している人がたくさんいるからです。

 

この人たちは相場を調べて出品せずに、自分が欲しい金額で出品するので価格が値崩れしていることがよくあります。

 

なのでメルカリやヤフオクには利益が取れる商品がたくさんあります。

 

まとめ

 

ネットを使った転売ビジネスは、固定費がかからない上に、ネットにアクセスしている日本全国の人に商品を24時間365日販売することができるので、大きな利益を上げて儲けることが可能です。

 

個人での参入も簡単なため、個人でも転売ビジネスだけで月商1000万円稼ぐということも実現可能なビジネスモデルなのです。