八原 昌太郎ブログ お金と時間に縛られない自由な生き方を手にした八原のブログ

【2022年最新版】Amazonアカウント作成方法をかんたん解説!

Amazonアカウント

Pocket

今回は、2022年最新版ということで、Amazonアカウント作成方法をかんたん開設していきます。
近年、Amazonアカウント作成が厳しくなってきており、アカウントを作ったけど、アカウントが止まってしまうことなんてこともあります。

今回の記事では、アカウントが止まらないための注意点も踏まえながらわかりやすく解説していきます。

ぜひ、最後までご覧ください。

Amazonアカウント作成手順

「さっそく始める」をクリック。

「開始」をクリックする。

「同意して次に進む」をクリックする。

  事業所在地、事業区分、名前を記入して、チェックボックスにチェックを入れて、同意して次に進む。

名前、国籍、生出国、生年月日、身分証明書(運転免許証、パスポート、戸籍謄本のいずれか)、身分証明証の番号、有効期限、発行国、住所を記載。

このときの注意点は、身分証は後ほどpdfかjpegでアップするので、手元にある証明証を選択すること。

そして、住所は身分証明証の住所と完全一致させること。
身分証明証の住所と不一致の場合、Amazonのアカウントが止まる可能性があります。

クレジットカード情報を記載。

このとき、クレジットカードのショッピング枠が残っているカードを登録すること。
クレジットカードの明細の提出が後ほど必要になるので、本人名義であり身分証明証の住所と一致しているものにする。

不一致の場合、Amazonのアカウントが止まる可能性がある。

先ほど記入した内容が出てくるので間違っていないか確認する。

間違っていなければ、先ほど選択した身分証明証を写真を撮ってpdfかjpegでアップロードする。

そして、銀行口座の取引明細もしくはクレジットカードの取引明細の書類をアップロードします。
このとき、先ほど登録したクレジットカード、もしくは自分名義の銀行口座をpdfかjpegでアップロードしてください。
※スクリーンショットを提出すると認証されずアカウントが止まりますので注意してください。

最後に本人確認の認証のための手段を選択します。
スケジュールされたビデオ通話もしくはインスタントビデオ通話のどちらかを選択します。

スケジュールされたビデオ通話を選択した場合は、日程が選べます。

日程と時間を選び次へを押してください。

そうすると自分が予約した日程が表示され、ビデオ通話に参加するのボタンが表示されます。
当日はAmazonの担当者からビデオ通話で本人確認が入りますので、時間になりましたら「ビデオ通話に参加する」のボタンを押して参加してください。

本人確認は5分ほどで終わります。

以上がAmazonアカウント作成に関する流れと注意事項になります。

近年、Amazonアカウントの作成が厳しくなってきているので、必ず登録する身分証明証やクレジットカードは本人名義と住所を完全一致させるようにしてください。