八原 昌太郎ブログ 自由を生み出す仕組みのつくり方

Amazonせどり初心者が仕入れできるようになるための3つのポイント

Amazonリサーチ

Pocket

こんにちは!ショウタロウです。

よくリサーチをしていてこんな悩みございませんか?

  • 売れる商品が中々見つからない
  • 利益が出る商品が中々見つからない
  • 商品を仕入れたけど中々売れない

この3つはせどりを初めると誰もが躓くところになります。
この壁を乗り越えていくために、今回は、これらの悩みを解決して上手く仕入れができるようになるための方法を3つに分けて解説していきます。

ポイント

  • ポイント1.商品ジャンルを絞ってリサーチする
  • ポイント2.フリマ・オークションから仕入れる
  • ポイント3.薄利でも仕入れて売ってみる

それでは順を追って解説します。

ポイント1.商品ジャンルを絞ってリサーチする

電脳せどりや店舗せどりでリサーチしているけども、そもそもAmazonで人気のある売れ筋商品が見つからないということはありませんか?

なぜAmazonで売れる商品が中々見つからないのか?

その原因として、商品ジャンルを幅広く商品を見すぎている可能性がございます。

例えば、アパレル、家電、スポーツ用品などの全てのジャンルをリサーチしているなどが挙げられます。

最初に商品幅を広げてリサーチをし過ぎると、売れ筋商品を中々覚えられないので、最初は商品を絞ってリサーチして、少しずつ売れ筋の商品を覚えていくことをオススメします。

絞るときのポイント

  1. 商品ジャンルを絞る
  2. カテゴリーを絞る
  3. メーカーを絞る
  4. 価格帯を絞る

商品ジャンルを絞ってリサーチを繰り返すことで、売れ筋商品や売れる商品の相場を覚えてくるので、継続してリサーチしていれば、徐々に仕入れ対象商品を見つけられるようになってきます。

例えば、ジャンルをカメラに絞り、さらにデジタルカメラ→ソニーと絞ってリサーチをしていきます。
このカテゴリー・メーカーの売れる商品と相場を覚えてきた、次はデジタルカメラ→ニコンと少しずつ広げていきます。

デジタルカメラの各めーかーの売れる機種を覚えてきたら、カメラ→ミラーレスカメラ→ソニーというふうに、徐々にカテゴリーを増やしていけば、売れ筋商品を見つけられるようになります。

ジャンルを絞るときは同時に商品単価を絞ってあげた方が、リサーチしやすいので、最初のうちは安い価格¥10,000前後の商品から仕入れることをオススメします。

最初は、広く見るのではなく、絞って見ていき慣れてきたら少しずつリサーチ範囲を広げていくことが大切です。

ポイント2.フリマ・オークションから仕入れる

売れる商品は見つけられるけど、中々利益の出る商品が見つからないというパターンの方が一番多いのではないのでしょうか?

「探しても中々価格差がない、、、」

この場合は、メルカリかヤフオクで商品をリサーチすることをオススメします。

なぜかと言うと、ヤフオクやメルカリの場合は、相場を知らずに出品している人が多いので、価格差がある商品を仕入やすいのです。

店舗せどりや電脳せどりなど色々やり方がある中で、ヤフオクやメルカリは利益が取りやすい商品がたくさんある宝庫なのです。

基本的にお店は、値付けをする際に、賃料や人件費を上乗せして、更に相場を調べてから商品を販売しているので、利益が出にくい傾向があります。

慣れないうちはメルカリやヤフオクから商品を仕入れることをオススメします。

ポイント3.薄利でも仕入れて販売する

いきなり利益を取ろうとしてリサーチしても、中々仕入れることはできないので、まずは薄利でもいいので、利益が出そうであれば仕入れみましょう。

なぜ、薄利でも売った方がいいかというと、売れ筋の商品と相場が頭の中にリスト化されていくからです。

例えば、一度ニコンのAという商品を10,000円で売ったとしましょう。
一度売ることで、自分の中で10,000円以下で商品を仕入れすればいいというのがわかるので、次から簡単に仕入れすることができます。

薄利で売っていく場合は、できるだけ単価の低い商品(1万円前後)を売っていくことをオススメします。
理由は、商品単価を1万円以下にすれば、相場変動して赤字になったとしても損する金額は非常に少ないからです。

薄利でも仕入れて売っていくことは、勇気がいりますが、仕入れて販売することにより、売れる商品と相場を覚えて経験値も積み重なっていきますので、最初のうちは薄利で仕入れて販売していきましょう。

最後に

最初は、最低でも1日2~3時間のリサーチ時間を費やしてください。
初心者が仕入をするためには、圧倒的な行動量が必要になってきます。

1日1時間で50件、100件リサーチしただけは、やはり利益が出る商品は見つかりません。

もし最2~3時間をリサーチするのがしんどい方は、最低でも1日1時間はリサーチしましょう。
そして、それを毎日継続するようにしてください。

継続は力なりではないですが、数々の実績を出しているスポーツ選手も毎日練習をして力をつけているように、Amazonせどりで仕入れができるようになるのは、毎日少ない時間でも構わないので継続することが一番なのです。

1週間で7時間リサーチするよりも、1日1時間を毎日継続してリサーチした方が力はついていきます。
とにかく、継続するところから始まり徐々にリサーチ時間を増やしていくよう努力していきましょう。

追伸

通常19,800円で販売しているAmazonせどりのWebコンテンツ(動画50本以上)を今だけ無料でプレゼント。

Webコンテンツを受け取りたい方は下記のバナーをタップして八原 昌太郎をLINEに友達登録して受取ください。