八原 昌太郎ブログ 自由を生み出す仕組みのつくり方

時間に縛られない最強の働き方

コラム

Pocket

物販を初めてもうすぐ5年が経ちしますがが本当にいい仕事だなと改めて思ってます。
どこにいても働けるし、自分の好きなとき好きなタイミングで働けて、店舗と違って来客もないのでお客様に時間をコントロールされることもないので自由がききます。

モノを介す商売なのでなくるなることもありません。

業務がシンプルなので人に仕事を任せやすいので会社経営もしやすいメリットがあります。

ある程度仕組みにしてしまえば時間をかけなくても利益が上がるので、その空いた時間で好きなことができます。

その空いた時間で自分が本当にやりたい仕事をやるのもいいし、自分の趣味に時間を使うのもいいです。
もちろん、そのまま物販プレイヤーとして活躍するでもいいよし。

物販という仕事とっても自分がバリバリ活躍するプレイヤーとしての働き方とスタッフに働いてもらって管理だけをする経営者という働き方ができるのです。

金持ち父さん貧乏父さんの用語でいうと、自営業「S」クワドラントの働き方もできれば、ビジネスオーナー「B」のクワドラントの働き方ができるということです。
物販は他のビジネスと比べて、このSのクワドラントからBのクワドラントへ比較的簡単にいけてしまいます。

ちなみに僕の場合、物販はプレイヤーではなくビジネスオーナーという働き方で活動しています。
スタッフに仕事をほとんど振っているので時間の自由も効きます。
その空いた時間で好きな仕事に費やしています。

好きなことをお金に変えるって、そんな簡単なことではないですが、それができるのは物販で収入があるから。
自分が好きなことを毎日できるって一番の幸せです。
自然に熱量が入って頑張れるので毎日充実感があって楽しいです。

正直、「好きに勝るものはない」と思っています。
もちろん趣味や遊びにも時間を使うこともできます。

最近も毎月、色んなところに旅行に行ったりしていますし、今はコロナで難しいですがフラッと海外へ行くこともできます。
僕も若くて元気のうちコロナが空けたら活発に海外とかもいきたいないと思っています。

それができてしまうのが物販のいいところ。

まさに最強の働き方

あなたは、この物販でどんな働き方を実現してみたいか?
是非、考えてみて下さい^^

それではまた!