八原 昌太郎ブログ 自由を生み出す仕組みのつくり方

長野へ旅行に行って経営の難しさを痛感・・・

コラム

Pocket

こんにちは!
八原 昌太郎です。

9月の中旬ぐらいに4泊5日で長野に行ってきました。

長野に行ったのはスクールの講師陣でミーティングをしたり、あとは生徒さんを呼んで、総勢10名ほどでバーベキューをしたりしてガッツリ最後の夏を満喫していました。
遊びに夢中になり過ぎて写真を取るの忘れました・・・笑
1枚だけ景色撮ったのですが、この自然しばらしくないですか?

本当に修学旅行みたいで楽しかったですよ!

大人になって、大勢でガッツリ遊ぶってないじゃないですか?

帰り際に生徒を最寄りの駅まで来るまで送ったのですが、送った後、1人でロッジに帰るときは、修学旅行が終わり、1人学校から家に帰るときの寂しい気持ちになりました・・・笑

前置きは、さて置き本題に入っていきますね!

今回、長野へ旅行に行くときに決めったとき僕はあることを決めました!

それは、旅行先で仕事をしないということです。

会社を辞めて独立してから、基本365日仕事をしてきたのですが、たまには仕事をしない日も大事だなと思ったのです。

なぜかというと、僕がずっとやってきた物販のビジネス関しては、将来的に僕はビジネスオーナーになって、自分は働かなくてもスタッフが働いて売上を上げてくれる仕組みにしていきたいと思っています。

だから、いつまで僕が仕事していてもいけないなと思い、今回は5日ほどは全く仕事していないのです。
結果、自分の会社が今何が問題なのかを明確にすることができました。

気づき

  • スタッフ同士の引き継ぎができてない
  • 仕事の優先順位がわかっていない
  • 整理整頓ができておらずものがどこにあるかわかってない
  • しばらくした仕事を忘れている
  • 再配達の連絡ができていない
  • 買取のお客様の依頼分ができていない

など、色々課題が見てきました。

これは、スタッフの責任ではなく、僕がちゃんと仕組みを構築できていないので、僕の責任です。
経営者は、入社したばかりのスタッフでもわかるオペレーションを組んでいくのが仕事ですから・・・

今まで、心配だったので旅行先でも、僕がチャットや電話でスタッフに指示していましたが、今回はあえてしませんでした。
あえて何もしないことも大切ですよね。

課題が明確になるので!

1人で稼ぐのは、とても簡単なのですが経営となると難しくなります・・・
これから明確になった課題を潰していき、今年が終わる頃には、業務を全て任せられる体制にまで持っていきますよ!

昔は、物販プレイヤーでしたが、今はThe・経営者って感じで毎日が楽しいです。