八原 昌太郎ブログ 自由を生み出す仕組みのつくり方

Amazonせどりで自宅住所を載せない対処方法!

Amazonアカウント

Pocket

Amazonせどりをしたいけど、名前・住所・電話番号を掲載するのは、「会社に副業がバレる可能性がある」「プライベートの情報を載せたくない」という人も多いのではないでしょうか?

Amazonでは登録した名前、住所、電話番号は「ストアフロント」と呼ばれるストア情報に公開される仕組みとなっています。

これだと、名前と住所がネット上に公開されるので、副業が会社にばれないか不安という方も多いはずです。

今回は、この運営責任者情報(=名前)とプライベート住所を非公開にする方法解説していきます。

とは言っても、Amazonでは、ストアフロントの名前と住所を非公開にすることはできないので、住所と名前をバレないように変更するという流れになります。

この方法を実践することによって、名前と個人の住所を非公開でAmazonせどりを始められるので、「会社に副業がバレる可能性がある」「プライベートの情報を漏れる」ことはございません。

では、実際にどのように名前と住所を変更していくか解説していきます。

自分の名前を非公開にする方法

Amazonアカウント作成時に登録した名前は、ストアフロントの運営責任者名に掲載されてしまいます。

しかし、こちらの運営責任者名は、先程もお伝えした通り、非公開にはできないので運営責任者名を会社の人や知人にバレないように名前を変えるしかございません。

では一体どうすればいいのか?

その方法が名字だけを掲載する方法です。

例えば、店舗運営責任者名を「山田 太郎」で登録しているのであれば「山田」だけで変更登録するということです。

この方法を使うことで本名を公開しないので、会社に副業がバレるリスクを最小限に抑えられます。

実際に私の受講生は、この方法を使ってAmazonせどりを実践している人もいます。

他にも家族の名前を掲載する人もいます。
こちらはAmazonセラーセントラルにログインして、「設定」→「表示名」→「運営責任者名」から変更ができます。

自分の住所を非公開にする方法

次に住所を変更する方法をお伝えします。

住所もプライベート情報を公開してしまうので、少し抵抗がありますよね。
とは言っても、利益がまだ出ていないのにビジネス用に事務所を借りたり、もう1件家を借りるのはリスクも高いので避けたいところ。

では、どうすればいいのか?

それが、バーチャルオフィス(レンタルオフィス)を使った方法です。
バーチャルオフィスとは、要は格安のレンタルオフィスのことです。

グーグルやYahooなどで「バーチャルオフィス」や「レンタルオフィス」などで検索するとたくさん出てきます。
大阪や東京の都会だけではなく、地方でも最近はレンタルオフィスは増えてきてます。

レンタルオフィスのメリットは、格安でオフィスを借りれます。
(月額数千円から1万円前後)

しかも、コワーキングスペースなどもあるので、休日などにレンタルオフィスに足を運んで作業することもでき、非常に快適です。

こちらのバーチャルオフィス(レンタルオフィス)を契約して、住所を変更すれば、あなたのプライベートの住所がバレることはございません。

バーチャルオフィスの中には電話を受付サポートもあるので、こちらの電話番号をAmazonに登録することも可能です。
(もし、電話受付サポートがない場合は、NTTが提供している050 Plusサービスを使えば問題ございません。)

参考:Amazonせどりで自宅住所を載せない対処方法!

まとめ

名前、電話番号、住所は、非公開にすることはできませんが、登録を変更することはできます。

  • 名前を名字だけに変更
  • バーチャルオフィスを契約して変更

上記を変更して頂けたらと思います。

このとき1点注意があります

Amazonアカウントを作成時は、必ず本名と身分証明書の住所、クレジットカードで登録して頂くようお願いします。

会社に副業がバレたくないからと言って、いきなり名前や住所を変えたりする人がいるのですが、Amazonアカウント作成時に本人確認で身分証明書やパスポートを提出したときに、本人と一致しないのでアカウントが作れないこともあります。

だから、手順としては

  1. アカウント登録は本人名義と住所、電話番号で登録する
  2. アカウントの登録が完了後、名前と住所、電話番号を変更する

この流れで、電話番号や住所を変更にして頂くようお願いします。