八原 昌太郎ブログ 自由を生み出す仕組みのつくり方

Amazonせどり初心者は大口出品と小口出品どちらを選ぶべきか?

Amazonアカウント

Pocket

これからAmazonせどりを始めようと思っているあなた。

アカウントをつくる際、「大口出品」にしようか、それとも「小口出品」にしようか迷っているのではないでしょうか?

今回は、そんな悩みを持っているあなたに「大口出品」と「小口出品」の違いについてお話します。

大口出品、小口出品とは!?

では、そもそも大口出品、小口出品とは何なのかを解説します。

Amazonへアカウントを登録する際に、こちらの大口出品か小口出品のどちらかで登録する必要がありますが、この2つは料金プランや出品プラン機能が変わってきます。

上の表を見て頂いたらわかると思いますが、大きな違いは小口出品は、1品あたり100円(税別)で出品できるのに対して、大口出品は月額4900円(税別)で出品し放題となっています。

その他の違いとして、出品プラン機能が変わってきます。

なぜ、大口出品と小口出品が存在するのか?

大口出品と小口出品が存在するかと言うと、Amazonせどりに取り組み方にによって大口出品にした方がいい人と小口出品にした方がいい人がいるからです。

例えば、Amazonでビジネスをする人は、副業で細々とAmazonせどりをする人もいれば、副業でもガッツリAmazonせどりに取り組む人もいます。

中には、事業として自社商品をAmazonで販売する人や会社もいます。

だから、まずあなたがやってほしいことは、今後Amazonでビジネスをするにあたってどのように取り組むのか?

Amazonせどりに取り組む人

  • 副業で細簿と実践
  • 副業でもガッツリ実践
  • 副業ではなく本業で実践
  • 本業で大きな事業にしていく
  • 既存のカタログ商品(メーカー商品)を販売
  • 非カタログ商品(自社商品)を販売

ここをしっかり考えてみてください。

どんな人が小口出品に向いているのか?

では、小口出品に向いている人は、どんな人かと言いますと、副業で細々とスタートしたい方にオススメです。

小口出品は、1品あたり100円(税別)で出品できるのでランニングコストがほぼかかりません。

一部、大口出品と違って利用できない出品プラン機能がございますが、大口出品でも利用する機能は、「一括出品で時間を節約する」「無料配送を含むプロモーションを行う」「フィード、スプレッドシート、レポートを使って在庫を管理する」ぐらいとなります。

これらは、商品を大量に販売してから使う機能なので、副業で細々とスタートしたい方は、最初販売量が少ないので必要はございません。

しかし、副業で細々とスタートしたい方で、Amazonのサイトに掲載されていない非カタログ商品(自社商品)を販売する場合は、「Amazonのカタログに新商品を追加する」、「追加のカテゴリーへの出品を申請する」、「検索結果の上位や商品詳細ページに商品を掲載する」の出品機能が必要になるので大口出品が必要となります。

それ以外は、小口出品でいけるので、「毎月49点まで商品を販売する」、「販売する商品が決まっていない」、「 広告を出したり、詳細な出品用ツールを使用したりする予定はない」という方は、小口出品がオススメとなります。

どんな人が大口出品に向いているのか?

次に大口出品に向いている人は、どんな人かと言いますと、「副業でもガッツリ実践したい人」、「副業ではなく本業で実践したい人」、「本業で大きな事業にしていきたい人」、「非カタログ商品(自社商品)を販売したい人」にオススメです。

というのも、大口出品はいくら出品しても、毎月の利用料が4980円(税別)なので、毎月49点以上商品を販売する人は、小口出品よりも安くなります。

49品と聞くと多いかもしれないのですが、普通に実践していれば2ヶ月ほどで49品を販売することが可能です。

これは実際に私もスタートして2ヶ月目ぐらいに50品/月ほど販売した実績がございますし、私の受講生も2~3ヶ月で50品/月ほど販売しています。

なので、ガッツリやっていきたい人は、最初から大口出品でアカウントをつくっておくことをオススメします。

その他に、先程にも少しお話しましたが、非カタログ商品(自社商品)を販売する場合は、「Amazonのカタログに新商品を追加する」、「追加のカテゴリーへの出品を申請する」、「検索結果の上位や商品詳細ページに商品を掲載する」必要があるので、大口出品を選択する必要があります。

特に、非カタログ商品(自社商品)は、SEO対策が最初肝になるので商品の広告を出して行く必要もあります。

まとめ

もし、あなたがこれからAmazonせどりに取り組むのであれば、「どれくらい取り組むか?」を明確にして、小口出品にするか大口出品にするかを選んでください。

将来的に毎月49点以上の商品を販売する予定であれば、最初から大口出品で契約することをオススメします。

「最初は小口出品にしておいて、出品が増えてきたら大口出品に切り替えてもいいですか?」と聞かれることがありますが、途中で切り替えるのも問題ございません。
ただ、2017~2018年ぐらいに小口契約から大口契約に一時期変更できないときがありました。
理由は、不明ですが、恐らく当時Amazonで小口出品している人たちの詐欺が流行っていたので、その影響の可能性が高いです。
いつどうなるかわからないので、基本的には大口出品で契約しておくことをオススメします。