八原 昌太郎ブログ 自由を生み出す仕組みのつくり方

有名起業家達がこっそり使うプロダクトローンチとは!?

コンテンツセールス

Pocket

今回は、有名なインターネットビジネスの起業家や大きな売上を叩き出すコーチ、コンサル、セラピスト、士業の方が、こっそり使っているプロダクトローンチという手法をお伝えします。

プロダクトローンチとは、短期間で爆発的に大きな売上を上げるマーケティング手法となります。
初心者の方でも単月で30~100万円の売上を上げることも可能です。

プロダクトローンチを細かく分解すると「プロダクト」=「製品」、「ローンチ」=「発射」という意味になるのですが製品を発射するということです。

この手法は、ジェフ・ウォーカーが開発したマーケティング手法です。

なぜ、多くの起業家がプロダクトローンチを使うのか?

多くの人が、自分のコンテンツや商品を持っていたとしても

・中々見込み客を集められない

・セールスしても中々成約しない

・インターネットを使って集客から販売までの流れがわからない

こんな悩みを抱えている起業家がたくさんいます。

 

僕自身、実績を上げるまでは、中々見込み客を集められない。

そもそもインターネットを使って集客から販売まで、どのようにすればいいかわかりませんでした。

 

しかし、プロダクトローンチという手法は、集客から販売、価値提供まで、この1つの手法を使って全て完結することができるのです。

さらに、お客様に商品を売り込まなくても、お客様自ら「あなたの商品を売ってい下さい」と言ってくれる、まさに魔法のような手法だからです。

実際に僕も始めて、この手法を使って、2週間で見込み客を80名ほど集めて、30万円の高額商品を2本売ることができたのです。

更に1度このマーケティング手法を習得すれば、何度でも爆発的に大きな売上を上げることができる。

まさにインターネットマーケティングの王道手法と言っても過言ではありません。

プロダクトローンチの流れ

プロダクトローンチの流れは、5ステップです。

1.コンセプトを決める

2.商品をつくる

3.お客様を集める

4.価値提供をする

5.商品を販売する

この5つの手順に沿って、実践していきます。

コンセプトを決める

まずはコンセプトを決めます。

コンセプトを決めるときに大切なのが、まず最初にターゲットを決めることです。

よくペルソナとも言いますが、「自分がどういう人の悩みを解決していきたいか?」、ここをしっかり明確にして上げる必要があります。

例えば、副業を教えたいというのであれば、会社員が主なターゲットになりますが、20代なのか?30代なのか?40代なのか?

それとも男性なのか?女性なのか?家族持ちか?家族がいないのか?

会社員と一言で言っても、ターゲット層はいろんな方がいます。

そして、ターゲット層によって、悩んでいることや解決したいことが違うので、訴求ポイントが変わります。

例えば、20代独身の会社員の方であれば、「毎月自分の欲しいものを躊躇なく変える収入源を手に入れませんか?」という訴求が響くと思いますし、40代の会社員で家族がいる人は「子供の教育費1年分を6ヶ月で稼ぐ方法に興味ありませんか?」と言えば刺さります。

なので、ターゲットを明確にすることってとても大切なんです。

ターゲットを明確にして、あとはどんなノウハウを提供していくか?コンセプトを考えていきます。

商品をつくる

コンセプトを明確にしたら、次は、実際にお客様に提供する商品をつくります。

ここで大切なのが、さっき決めたターゲットの悩みを解決できる商品であることが大切です。

例えば、さっきの副業だったら稼ぐノウハウを提供するのですが、ただ単に稼ぐノウハウだけを提供しても意味がありません。

さっき決めた40代会社員であれば、仕事や子育で時間がない人が多いはずなので、短時間で成果がでる副業ノウハウを提供すれば響くと思います。

あとは20代会社員であれば、お金に余裕がないので小資金でできる副業ノウハウのほうが響くはずです。

このようにターゲットの悩みを明確にして商品をつくることが大切です。

お客様を集める

そして、商品を作ったら、次に見込み客(お客様)を集めていきます。

見込み客を集める方法は、LP(ランディングページ)をつくります。

ランディングページとは、簡単に言えば見込み客のリスト(メールアドレス)を獲得するページです。

ちなみに下の画像がLPになるのですが、このようにLPを作って、このLPにアクセスを流していきます。

LPにアクセスを流す方法としては、Facebookやインスタグラム、、TwitterなどのSNSを使ってランディングページにアクセスを集めてリストを取っていきます。

SNSは無料でいろんな人に発信できるので、見込み客を無料で集めることができます。

他にも、フェイスブック広告やインスタ広告、Youtube広告などを使って、お金をかけてLPにアクセスを集めてリストを取っていきます。

価値提供する

リストを取得したら、3本の無料動画を送ったり、メルマガを発信して見込み客に価値提供していきます。

動画やメルマガの内容は、自分が苦労したことや、大変だったこと。そこからどうやって悩みを解決してきたか?

どんなノウハウを使って目標を達成することができたのか?

また自分以外に他にどんな人が実践して成果を出したのか?

その方法や考え方、価値観を見込み客に提供していきながら信頼関係を築いていきます。

※3本の無料動画を送るときは事前に作っておいたほうがいいです。

商品を販売する

そして、価値提供して興味がある見込み客に対して、個別説明会を開いて、自分のつくった商品を販売していきます。

このとき説明会をせずにオンラインの動画やセールスLPだけで売る人もいますが価格帯によって、オンライン上で売れる商品と売れない商品があります。

10万円以下の商品はオンライン上で販売することができますが、30万円以上の高額商品はオンラインで販売するのは厳しいので、説明会に誘導して商品内容を説明して販売するケースが多いです。

高額商品の場合は、見込み客も「本当に自分にできるだろうか?」「本当に大丈夫だろうか?」という不安や悩みを持っているので、相手の不安を取り除くためにも、しっかり説明して上げたほうがいいです。

まとめ

プロダクトローンチでこの5つの手順を踏むことによって未経験でも、マーケティングで大切な見込み客を集めて価値を提供して、商品を販売するまでの流れ全てを実践することができ短期間で大きな売上を上げることができます。

是非、このプロダクトローンチの手法をあなたも今後の情報発信ビジネスの中に取り入れていってください。