八原 昌太郎ブログ 自由を生み出す仕組みのつくり方

Amazonせどりで【自動】で収益を上げる考え方

Amazon外注化

Pocket

今日から7月がスタートということで今年も早くも折り返しです。
今年は、もっとビジネスを軌道に乗せて売上を大きく上げていく予定でしたが、コロナの影響もあり少し計算が狂いました。

 

まあ、僕が実践しているAmazonせどりビジネスはネットで完結するので、売上自体はコロナの影響はあまりないのですが、念には念をということで何があっても大丈夫のように仕入れ数と在庫を減らして手元にキャッシュをつくり安全策を取りました。

なので、売上は例年と比べて減少しましたが、先月からようやく完全復帰して、また売上を上げていっています。

 

今年の弊社の『テーマ』としては完全に【仕組化】でビジネスを回していくということです。

 

昨日のブログでもお伝えしましたが、ビジネスする上で仕組みをつくっていくことはとても大切なんです。

ただ、多くの1人起業家やAmazonせどりプレイヤーは、この大切さを本当にわかっていない。

 

「単月で50万円、100万円稼ぎました」と言っても

僕らは5年、10年、15年と生活していかないといけないので、単発の利益だけでは全然意味がありません。

 

正直言って、単発でお金を稼ぐのはそんなに難しくありません。
難しいのは、自分が働かなくても毎月安定して自動で収入が入ってくる仕組みをつくることです。

この仕組をつくって【自動化】することがビジネスする上で最も大切な考え方です。
多くの1人起業家や物販プレイヤーは、この仕組化をせずに辞めていきます。

 

これは仕組化の大切をわかっていないというのもありますが、仕組化をするには、それなりに労力と時間、お金がかかるもんなのです。

 

なぜなら

  • 人を雇用して教育をしないといけない
  • 設備(パソコンや机、イス)を導入したり
  • ツールを導入したり
  • 社内マニュアルをつくったり

 

でも、安定的に収入を生み出し、自由な時間を得ていくためには、ここは絶対に通らないといけない道です。

 

弊社でも、去年の冬から、Amazonせどりで完全に自動で売上が上がっていく仕組みをつくっていっています。

出品から発送まではもちろん、売上&仕入れ台帳の記入やAmazonせどりで一番大切な仕入れをできるだけ僕がしなくても弊社のスタッフができるように仕組を構築中です。

 

社内マニュアルをつくったり、ツールを導入したり、無駄な作業は削除したり。

時間と労力をかけて構築していっています。

 

弊社も今スタッフ3名雇用していますが、もう1人採用する予定です。
少しずつ人数も増えて楽しくなってきました。

 

今年の後半はこの辺のインフラを整えていくことに力を入れていきながら売上を2倍、3倍と上げていきます。