八原 昌太郎ブログ 自由を生み出す仕組みのつくり方

副業で物販ビジネス取り組むならメルカリがオススメ!

コラム

Pocket

メルカリやラクマなどのフリマアプリは初期費用ゼロ円で始められるので、これから物販ビジネスに取組むのであればハードルは低く非常にオススメな副業ビジネスとなります。

メルカリやラクマで不用品販売はしたことあるけど商品を仕入れて販売したことない方は、何を仕入れていいのかわからないですよね。

あとは仕入れる商品もですが、商品説明の書き方や写真の記載の方法などわからないことだらけだと思います。

今回はメルカリ物販で稼ぐためのポイントについて説明していきます。

メルカリ販売するのであればAmazon仕入れがオススメ

もしこれからメルカリやラクマなどのフリマアプリで物販していくのであれば、まずはAmazonで安くなっている商品を探してメルカリで販売していくことをオススメします。

と言ってもAmazonでは膨大な数のアイテム数を出品しており、どんな商品を狙っていけばいいかわからないと思いますが、ここで狙うべき商品は中国から輸入してきた商品です。

Amazonの中国商品仕入れはライバルが多く、供給過多になっており価格競争に落ちて急激に価格が下がっている商品があります。

需要が少なく供給過多になると出品者は商品を売るために価格を安くしていくので、その安くなった商品を仕入れてメルカリで販売していくといいでしょう。

 

例えば下の単眼鏡はメルカリで3670円で売れています。

 

では、Amazonで一体いくらで売られているかというと、2050円で販売されています。

2050円仕入れ⇒3670円販売

メルカリの場合は手数料が10%なので3670x0.9=3303円が手元に残ります。

そこから送料を差し引く必要があるのですが、この商品ぐらいのサイズであれば定形外郵便で送れるので大体250円の送料です。

仕入れ値が1000円なので、3303円―仕入れ値2050円ー送料250円=利益1003円となります。

このようにメルカリやラクマなどのフリマアプリで販売していく場合は、Amazonの中国製品を仕入れるようにしましょう。

メルカリで販売するときのリサーチのコツ

メルカリ物販のコツはメルカリの詳細検索でSOLDOUTから「どんな商品が売れているのか?」人気商品を探しましょう。Amazonのメーカーカタログの写真を使って出品しているほとんどの商品がAmazonから仕入れたものになります。

メルカリSOLDOUTのAmazonカタログ写真を使って出品している商品を順番にAmazonで探していくといいでしょう。

例えば下の写真でいくとコンデンサーマイクやリングライト、スマホカメラ、三脚、トラベルグッズなどはAmazonカタログ写真を使っているのでAmazonでリサーチ対象の商品となるわけです。

あとはできれば単価も自分の資金状況に合わせて絞った方がいいです。

最初はできるだけリスクを抑えるために1000~5000円以内に範囲を絞ってリサーチしていくといいでしょう。

あまりにも商品単価を安くしてしまうと利益が出にくくなるので、最低でも1000円からスタートするのがいいです。

八原 昌太郎
八原 昌太郎

メルカリとAmazonでは価格差のある商品がいくつもあるのでメルカリのSOLDOUTからAmazonのカタログ写真を見つけて片っ端からAmazonでリサーチかけていきましょう!

メルカリで商品を販売するときのコツ

メルカリで商品を売るときのポイントがあります。

ただ単にAmazonのカタログ写真を使って適当に商品説明を書くだけでは、やはり売れ行きはそこまでよくなりません。やはり商品の売れ行きをよくするにはコツがあります。

商品画像に文字入れしてアピールしよう

まず最初にメルカリで出品する際に使うAmazonカタログの写真を文字入れしましょう。

文字入れするのはトップページに表示される1枚目の写真のみで大丈夫です。

メルカリで物販をしているセラーの多くがライバルセラーと差別化するために商品画像に文字入れをしてアピールしています。

このように「送料無料」などのアピールポイントや商品スペックを記載するだけで、購入者は商品一覧を見ただけで目が行くので購入される確率は高くなります。

画像に文字入れするのはバナー工房が無料で使えてオススメです。

参考サイト:バナー工房

商品タイトルや商品説明に検索されるワードを入れ込もう

そして商品タイトルや商品説明には、購入者が検索窓に入力しそうな文字を入れ込むようにして、できるだけ検索ヒットしやすいページを作ることを心がけましょう。

ただ単にAmazonの商品タイトルをコピーするだけだと、メルカリの検索窓に引っかからない可能性があるので、その商品が「どういうシチュエーションで使うか?」「関連キーワード」などを入れ込んでください。

例えば自撮棒であれば「花見」「旅行」「お出かけ」「自撮り」「写真撮影」などのワードを商品タイトルや商品説明に入れ込むと検索ヒットしやすいのが想像つきますでしょうか?

とは言っても、商品タイトルにこのようなキーワードばかりを入れ込むと見にくくなるので、商品タイトルに入れるのは1~2語ぐらいがオススメです。残りは商品説明に入れるといいでしょう。

この「商品画像を文字入れする」と「商品タイトルと説明文にユーザーが検索されるワードを入れ込む」ことを意識して実行するだけで売れ行き3倍ほど変わってきます。

手間はかかりますが是非今回のポイントを実施してみてください。

八原 昌太郎
八原 昌太郎

メルカリ物販は副業の小遣い稼ぎに最適なビジネスなので是非トライしよう!メルカリは業者を嫌がるので大量出品するとアカウントが止まるので注意が必要です!