八原 昌太郎ブログ 自由を生み出す仕組みのつくり方

Amazonせどりビジネスを始める際に必ず必要なもの!

Amazonについて

Pocket

これからAmazonせどりビジネスに取組もうとしている方で、まずは何から用意していけばいいのかわからない方が多いと思うので、今回はAmazonせどりビジネスをする上で必要なものを紹介していきます。

とは言っても、「最低限必要なもの」と「あったら便利なもの」と大きく分けて2つございますので、今回はこの2つに分けて説明していきます。

では早速ですが、Amazonせどりビジネスを始める上で最低限必要なものから説明します。

Amazonせどりビジネスで最低限必要なもの

こちらで紹介するのはAmazonせどりビジネスをする上で必ず必要になるものです。この道具がなければAmazonせどりビジネスができないので、まだ揃っていない人は必ず揃えるようにしましょう。

パソコンとネット環境

まずはパソコンとネット環境が必要になります。スマホだけでもできなくはないのですが、スマホだと画面が小さくて不自由なので、少し大きい画面のパソコンの方が便利です。

Amazonせどりビジネスは、動画編集などは一切しないので特別ハイスペックなパソコンは一切不要で、ネットがサクサクできれば問題ございません。Windowsであればi core5の4GBで十分です。できたら持ち運びできるノートパソコンの方が、どこにいても仕事ができるのでオススメです。

更にパソコンを使うとなるとネット環境が必要になります。

無料のWi-Fiは、不正アクセスやアカウントが止まる原因となりますので、自分でネット回線を契約しましょう。

今はポケットWi-Fiが普及しており、ノートパソコン同様持ち運びできるのでポケットWi-Fiを契約して使うことをオススメします。

ポケットWi-Fiも各キャリアによって値段やデータ容量が違ってくるので、一度各ショップに聞いて比較することをオススメします。

梱包資材

次に必要なのが商品が売れたときに梱包するための資材が必要になります。これは自分が扱う商材によって梱包資材は変わってきます。家電関連を扱う人は大きい段ボールが必要になりますし、本やDVD、ゲームなどを扱う人であれば封筒が必要になります。

自分が扱う商材にあった梱包資材を用意しましょう。小物をメインに扱う人はOPP袋があると便利です。

共通として持っておきたい梱包資材は、ガムテープ、緩衝材、ハサミ、セロハンテープは使うので持っていた方がいいです。

仕入れ資金

Amazonせどりビジネスは商品を仕入れるので資金が必要になります。なので予め現金を持っておくことをオススメします。

全く現金持っていないという方は不用品販売をして資金を作ることもできます。

参考:不用品販売でよく売れるもの5選!

あとはクレジットカードを用意しましょう。クレジットカードは現金がなくても金利ゼロでお金を使うことができます。(もちろん期日までにお金を支払わないといけません)

国内Amazonせどりであればキャッシュフローが早いので資金が無くてもクレジットカードだけで資金を回していくことも可能です。

参考:Amazonせどりでクレジットカードを上手く使い資金ショートさせないコツ!

オススメクレジットカードで紹介しているカードであればポイントが貯まりカード申請もしやすいので、是非この機会に作っておくことをオススメします。

Amazonせどりビジネスであったら便利なもの

次にAmazonせどりビジネスであったら便利なものを紹介します。これから紹介する道具はAmazonせどりビジネスのジャンル(扱う商材やプラットホーム)によって必要のないものもあります。但し、自分が該当するジャンルであれば持っていたほうが便利なので、持っておくようにしましょう。

プリンター

AmazonでFBA発送や本やゲームなどをクリックポストにて発送する人はプリンターは持っておいた方がいいです。FBA発送やクリックポストでの発送は、送り状ラベルが必要になるためプリンタは必須です。

今ではコンビニでできる時代ですが、毎回コンビニに行って印刷するのは手間がかかります。

プリンターはAmazonやメルカリなどで中古で5000円ぐらいで売っていますので、是非購入しておくことをオススメです。

せどり用バーコードリーダー

このバーコードリーダーを使えば本やDVD、ゲームのパッケージに記載されているバーコードを読み取ることができます。そしてバーコードリーダーと自分のスマホを連動していれば、自分のスマホに読み取ったバーコード(JANコード)を転送できるので、スマホでJANコードを入力する手間が省けるというメリットがあります。そのため通常にスマホで手入力で調べるより数倍のスピードでリサーチできるので非常に便利です。

一方で、店頭でバーコードリーダーを禁止するお店が増えているので、もし店員にばれたら注意されるリスクがあります。特にバーコードリーダーは目立ってしまうので店員の目を引いてしまうのと、何度も注意されると出禁になることもあるので要注意です。

初期費用1~3万円ぐらいかかりますが、本のせどりなどは店頭に並んでいる本を片っ端からリサーチかけていかないといけないので、このバーコードリーダーはあった方がリサーチスピードは断然速いです。

 

デジカメ

Amazonせどりビジネスでは商品を出品する際に写真の掲載が必要になります。もし商品を出品するのであればキレイな写真を載せたほうが売れるのは皆さんわかりますよね。

今ではスマホでも写真は撮れますが、やはりデジタルカメラの方が画質がいいので、準備できるのであればデジタルカメラを持っておくことをオススメします。デジタルカメラも1~3万円ぐらいしますので、もし資金的に厳しいようであればスマホの写真でも全然問題ございません。

Amazonで販売していく場合は、Amazonでは商品ページにメーカーカタログの写真が掲載されており、既存のカタログに相乗り出品するので写真の掲載は不要です。そのため特に購入する必要はございませんが、中古品とかであれば、どうしても写真があった方が売れ行きはよくなるので持っていたほうがオススメです。

まとめ

以上がAmazonせどりビジネスをする上で必要なものになります。今回紹介したAmazonせどりビジネスで最低限必要なものは、特に高価なものを購入する必要はないので必ず揃えるようにしておきましょう。中古品であればノートパソコンも5万円ぐらいあったら、今ではいいものが購入できます。あったら便利なものに関しては、自分の扱うジャンルやプラットホームで必要かどうかを判断することをオススメします。