八原 昌太郎ブログ 自由を生み出す仕組みのつくり方

Amazonアカウントスペシャリストからコンディションガイドライン違反がきた時の対処法!

Amazon規約

Pocket

今回はAmazonアカウントスペシャリストからコンディションガイドライン違反のメーリがきたときの対処法を説明します。

2019年のAmazonの動向について

今年に入ってAmazonの規制がさらに厳しくなりました。

今までは、小売店から商品を仕入れて販売している新品セラーや無在庫セラーを締め出す傾向がありましたが、今年に入って中古品を出品しているセラーにも規制をかけてきました。

今年に入って、コンディションガイドラインに違反して商品を出品しているセラーに規制をかけてくるのが目立ちます

コンディションガイドラインの違反とは何かと言いますと、Amazonの中で中古品で出品する際の基準と言うものがあります。

 

 

このようにAmazonでは、出品する際にコンディション毎によって基準があるのですが、この基準に基づいていない出品者が多く、Amazonが規制をかけてきているのです。

では、一体どんな流れで規制がかかるか説明しますね。

Amazonアカウントスペシャリストから出品停止の警告メールがくる

コンディションガイドラインに違反して出品しているとAmazonアカウントスペシャリストから警告メールがきて、該当する商品を出品停止にさせられます。

私も先日、「ほぼ新品」で出品していたソニーのレンズがAmazonコンディションガイドラインに違反しているのではないかということで、Amazonアカウントスペシャリストからメールが来て一部の商品が出品停止を受けました。

 

 

 

 

 

「ほぼ新品」は上のAmazonコンディションガイドラインを見ていると付属品は完備で、元箱も付いていないといけません。

今回の場合、私が出品していた「ほぼ新品」のソニーのレンズは元箱がついていなかったため、それで警告メールが来たのだと思います。

このAmazonアカウントスペシャリストとは、Amazonの警察部隊のようなもので、僕らが普段電話するAmazonカスタマーサービスとは別になります。

このAmazonアカウントスペシャリストは、基本的にメールでのやりとりだけで電話対応ができません。

メールも基本定型文での返信のみで、向こうが要求するメールを提出できなければ同じ文面が送られてきます。

 

 

 

 

 

このような文面がずっと送られてきます。

出品停止を解除するためには

出品停止を解除する方法は下記の2つとなります。

  • 1.出品停止になった商品がAmazonコンディションガイドラインに違反していないため出品を再開してほしいという方法
  • 2.出品停止になった商品がAmazonコンディションガイドラインに違反しており、今後改善するので出品を再開してほしいという方法

大きく分けてこの2つに分かれるかと思います。

出品停止になった商品がAmazonコンディションガイドラインに違反していないため出品を再開してほしいという方法

私が前回、出品停止をになった商品は、下記の証拠をAmazonへ提出して解除しました。

  • 仕入先情報
  • 商品写真

「実際に仕入れて出品した商品のコンディション」と「Amazonコンディションガイドライン」と照らし合わせて、Amazonコンディションガイドラインに違反していないということを証明しました。

今回、ソニーのレンズは何本か出品していたので「ほぼ新品」で出品していたのではなく「非常に良い」で出品していた商品を対象に、Amazonにコンディションガイドラインに違反していないことを説明して解除をしました。

この方法で、やってみるとすぐに解除できましたが、Amazonアカウントスペシャリストが要求している提出書類と合致していない場合は、解除できず、上の定型文のメールが送られてきます。

あと、前回解除した時は「非常に良い」で出品していた商品の書類を提出して、Amazonのコンディションガイドラインに違反していないことを伝えて出品解除をしていましたが、最近では「ほぼ新品」の商品の書類を提出しないと解除が難しくなっているようです。

解除するためにはAmazonアカウントスペシャリストからのメールをよく読み、向こうが要求しているものを正確に読み取る必要があります。

出品停止くらった商品がAmazonコンディションガイドラインに違反しており、今後改善するので出品を再開してほしいという方法

もう一つの方法としては、Amazonアカウントスペシャリストに自分が出品していた商品は、Amazonのコンディションガイドラインに違反していたことを伝えて、今後同じことがないように対策を提出して解除してもらう方法です。

こちらの方法で私は解除したことがありませんが、この方法で行くのであれば、「なぜコンディションガイドラインに違反した商品を出品したか」、「違反した商品を出品して自分が取ったアクション」、「今後の対策」に関して、より具体的で明確にしないと解除することは困難でしょう。

まとめ

この1年Amazonの方針として、ルールを無視して出品しているセラーを排除する方向として動いていると聞きました。

Amazonもここ数年でセラーが増えて、お金を稼ぐためにルールから外れて販売するセラーが増えたのでしょう。

いくら売上が上がっていたとしても、ルールから外れて出品しているセラーにはAmazonは容赦無く排除します。

特に中古品で、付属品が揃っていないにも関わらず「ほぼ新品」で出品している人が増えてきました。

私もAmazonセラーの商品ページの説明文や写真を見ていると、このコンディションで「ほぼ新品」や「非常に良い」は厳しいなというセラーをよく見かけます。

今後、継続してビジネスを続けて行くためにも、ルールに基づいて販売していくのがいいですね。

追伸

通常19,800円で販売しているAmazonせどりのWebコンテンツ(動画50本以上)を今だけ無料でプレゼント。

Webコンテンツを受け取りたい方は下記のバナーをタップして八原 昌太郎をLINEに友達登録して受取ください。