八原 昌太郎ブログ 自由を生み出す仕組みのつくり方

QUESTのタップイズマネーは稼げない!?堅実に稼ぐビジネスを選択しましょう!

コラム

Pocket

 

最近、ニュースでタップイズマネーという情報教材が話題になっていますね。

 

「スマホをタッチするだけ大儲けできる」というキャッチフレーズで情報教材を販売しているようです。

 

結論から言うと、スマホをタッチするだけで収入を得られるというほどお金を稼ぐことはありません。

 

皆さんが、会社で汗水流して働いてお金を稼いでるのと同じでお金を稼ぐには一生懸命努力しないと稼ぐことはできません。

 

情熱を持って取り組めば稼ぐことはできますが、楽して稼げるという世界は存在しないのです。

 

胡散臭い情報教材に騙されるな

 

最近では、副業ブームにより副業でビジネスを取り組む方が増えてきました。

 

副業でビジネスを取り組むことはいいですが、ビジネスの選択を間違えるとお金を稼ぐところか大損するケースがあります。

 

特に、ネット上の話題は怪しいものが飛び交っています。

 

仮想通貨投資もそうですが、お金を稼ぐために自分だけが儲かろうと人を騙してお金を稼いでる人もいます。

 

そういう人は自分でお金を稼ぐのは上手いですが、人にお金を稼がせることは不得意です。

 

「クリックするだけ収入が増える」

 

「寝ているだけでお金が増える」

 

「自動でお金が入ってくる」

 

等の魔法のようなキャッチフレーズの情報商材やスクールは購入する前に必ず疑うようにした方がいいですね。

 

こういった情報商材の購入やスクールに入る前は、一度立ち止まって、そのビジネスモデルがどういった収益でビジネスが成り立っているか?

 

また、そのビジネスに取り組んでいる実践者の声を聞くようにしてください。

 

楽して稼げる世界はない

 

冒頭でも言いましたが、楽して稼げる世界というのはございません。

 

お金を稼ぐというのは、努力に見合った行動をしないといけません。

 

最近では、ネットビジネスがブームで、個人が副業100万円稼ぐという人が増えてきました。

 

多くの人がネットビジネスは、「楽して稼げる」と思い込んでいます。

 

ただ、勘違いして欲しくないのは、ネットビジネスは稼ぎやすいだけであって楽して稼げるということではありません。

 

ここをしっかり理解して欲しいのです。

 

多くの人が、ちょっとネットビジネスに取り組んでいないのに「全然稼げない」、「あのスクールは詐欺だ!」と言います。

 

僕からしてみたら「そもそも全然やってないじゃん」と言いたくなります。

 

スポーツや勉強、普段の仕事でもそうですが、やはりビジネスで成果を出すとなれば、それなりの量をこなさないと結果は出ません。

 

量をこなすことによって職人技を磨いていくわけであって、決して楽して稼げる世界はないと覚えてといて欲しいです。

 

副業で取り組むならAmazonせどりがオススメ

 

何回も言いますが、楽して稼げる世界はありません。

 

お金を稼ぐにはそれなりの努力をしないといけないわけですが、努力していても中々成果が出るまでに時間がかかるということはよくります。

 

特に、ビジネスの世界では、一から自分で事業を立ち上げるとなったら、集客をするまでに凄く時間がかかるので軌道に乗せるまでに時間がかかるというのが現実です。

 

やはり、できるだけ最短で結果を出したいというのが皆さんの本音でしょう。

 

となったときに、初心者が最初にビジネスを取り組むのであればAmazonせどりビジネスがオススメです。

 

Amazonせどりビジネスとは、商品を仕入れてAmazonやヤフオクで販売するビジネスのことを言います。

 

収益は、売れた商品の価格から仕入れた商品の価格と出品手数料、送料を差し引いた価格が利益となるビジネスモデルとなります。

 

Amazonせどりの収益=売上ー仕入れた商品原価ー出品手数料ー送料

 

例えば、メルカリで10000円で仕入れたカメラをAmazonで20000円で販売するとしましょう。

 

Amazonでカメラを販売するとなると出品手数料は10%で送料は約1000円ほどです。

 

なので、この時の利益は

 

利益7000円=20000円(売上)ー10000円(仕入れ原価)ー2000円(出品手数料)ー1000円(送料)

 

となります。

 

このビジネスの特徴としては、Amazonやヤフオク等、すでに人が集まってくるところで販売するので集客をする必要がないので、結果が出やすいビジネスとなります。

 

そして、サービス等の無形の商品を販売するのは、購入者が購入したあとの効果がイメージしにくいので売りにくのに対して、有形の商品を販売するのは、購入者が購入したあとの効果のイメージがつきやすいので売りやすい傾向があります。

 

商品を販売すると言っても、自分で商品を作って販売する必要はなく、世の中で需要があるものを探してきて販売すればいいのです。

 

最近では、スマホの普及によりメルカリやヤフオクを使って、簡単に商品を購入できるようになりました。

 

スマホで簡単に商品を購入できると言いましたが、もちろん商品を探す(リサーチ)のは、決して楽なことではなく時間をかけて探すので大変な作業です。

 

でも、売れ筋の商品を販売して自分の頭に売れる商品のデータを蓄積していくことができたら、ずっと稼ぎ続けることができます。

 

Amazonせどりビジネスは、少し泥臭い作業が必要になりますが、堅実に安定して稼ぐことができます。

 

当ブログでは、Amazonせどりビジネスに関する情報を書いていますので、興味がある方は是非読んでみてください。