八原 昌太郎ブログ 自由を生み出す仕組みのつくり方

輸出輸入のAmazonせどりで英語はどれくらいのレベルが必要なのか!?

コラム

Pocket

 

輸出輸入のAmazonせどりビジネスをこれから始めようと検討している人で気になるのがどれくらいの英語力が必要かどうかだと思います。

 

そもそも英語がアレルギーが出るぐらい嫌いという方もいるでしょう。

 

でも、輸出輸入は利益率が高くて儲かりそうなので、やってみたいと方がほとんどです。

 

私もebay→Amazon・ヤフオクの輸入転売をやっていたので、今回は輸出輸入転売でどれくらいの英語力が必要なのか説明していきます。

 

プラットホームによっては日本語表示も可能

 

ebayでは、基本全て表示が英語となっており、お客様や出品者と取引する際も英語でのメッセージやり取りとなります。

 

ebayの場合、サイト上に書いてある英語は比較的簡単なものが多いので、グーグル翻訳を使えば簡単に和訳もできますし、英語でメッセージを送るときも日本語から英語訳ができます。

 

文章も中学と高校で習った英文法に沿って、英文を書かなくも単語を繋げる場合で通じる場合もあります。

 

そのため比較簡単な英語でメッセージをやり取りする必要があるため、中学生のレベルの英語力があれば全然問題ございません。

 

ただ、英語が全くできないという人は、毎回グーグル翻訳を使わないといけません。

 

海外のAmazon.comの場合、セラーセントラルは日本語での表示も可能となります。

 

基本は、日本国内Amazonのセラーセントラルと同じ操作方法となります。

 

国内Amazonをしている人もわかる人ならわかりますが、セラーセントラルには文章や単語がズラッと書いているので英語表記のままだと、かなり難しいのが想像つくと思います。

 

海外Amazonのセラーセントラルは、通貨の単位はドルのままですが、日本語表記に変更することができるので、セラーセントラルの操作は英語がわからなくても非常に簡単にできます。

 

※セラーセントラルとは、出品者ページとなり、Amazonのマイページとなります。

 

ただ、海外Amazonで購入する場合は、全て英語での表記となります。

 

基本的にはebayと同じ、そこまで難しい英語は必要ありませんが、英語が苦手な人はグーグル翻訳を使って翻訳していく必要があります。

 

輸出輸入のAmazonせどりは簡単な英語でもいけますが翻訳機能を使うのが面倒

 

結論から言うと、輸出輸入のビジネスをする上で英語は、中学生ぐらいの英語力があれば大丈夫です。

 

ただ、わからない英語が出てくると毎回Google翻訳を使って、翻訳しないといけないので手間がかかり非常に面倒です。

 

一日1回ぐらい翻訳を使うのであれば、特にストレスは溜まらないと思いますが、一日に数十回と翻訳機能を使っていれば思うように先に進めずストレスが溜まっていきますよね?

 

あとは、英語を使うのはebayやAmazon等のプラットホーム以外でも、買った商品を貯めてまとて日本へ荷物を送ってくる転送会社でも英語は使います。

 

プラットホームや転送会社も慣れてくれば、翻訳機能を使わなくてもスムーズに取引をすることができると思いますが、慣れていないうちは必ず翻訳機能を使うので、最初の頃は、かなり大変だと思った方がいいです。

 

私もそうでしたが、結局、英語でのやり取りが面倒ということで輸出輸入を辞めていく方がたくさんいます。

 

輸出輸入は利益率が高く、輸出に関しては消費税還付がある一方で、英語のやり取りが面倒というデメリットがあるのです。

 

輸出輸入を始めるなら結果が出やすい国内Amazonせどりに取り組むべき

 

輸出輸入を始めると、どうしても言葉の壁が出てきてしまいます。

 

日本人である以上、英語が得意という人は、ほとんどいないと思います。

 

やはり、我々は日本人なので日本語が得意なのです。

 

となると、やはり取り組むべきビジネスは国内Amazonせどりがオススメです。

 

国内Amazonせどりでは、当たり前だが一切英語は使わなくていいので、ストレスもございません。

 

皆さんの中で、国内Amazonせどりは競合が多くて稼げなさそうと思っている方も多いですが、今から国内Amazonせどりに取り組んで稼ぐことは可能です。

 

国内Amazonせどりで稼げないという人は、ただ単に国内Amazonせどりで結果が出ていないので言っているだけであって、国内Amazonせどりもしっかりしたメソッドに沿って取り組めば稼ぐことは可能なのです。

 

競合が多いと思うのであれば、競合が扱わずに商品に差別化できる中古品を扱えば、競合になることを避けることができます。

 

中古品であれば、一品モノの商品になるので、商品コンディションや付属品の有無によって価格を差別化していくことが可能なのです。

 

しかも中古品となると、今ではメルカリやラクマのようなフリマサイトが発達しているので、とても安くで商品を仕入れて販売することが可能です。

 

ただ、中古品を扱うとなる古物商の免許が必要になります。

 

これは輸入輸出で中古品を扱う場合も同じです。

 

古物商の免許を取得するのは、簡単にできますので近くの警察署に行って古物商の申請をするようにしましょう。

 

参考:Amazonせどりするには古物商許可証が必要です!理由から取得方法まで説明します!

 

まとめ

 

少し話はそれましたが、輸出輸入のAmazonせどりでは、中学生の英語力があれば取り組むことは可能です。

 

ただ、慣れるまではどうしてもグーグル翻訳等を使って取り組まないと、中々先に進めません。

 

この作業が面倒ではないというようであれば、一度輸出輸入のビジネスに取り組んでみることをオススメします。

 

逆にこの作業が面倒と思う人は、挫折する可能性があるので日本語で完結する国内Amazonせどりに取り組んでみていはいかがでしょうか?

 

国内Amazonせどりでの稼ぎ方についての参考ページを載せていますので、是非一度見てみて下さい。

 

参考:初心者が国内Amazonせどりで稼ぎやすいオススメジャンルは中古カメラ!