八原 昌太郎ブログ 自由を生み出す仕組みのつくり方

Amazonせどりするならヤフオクも同時出品しましょう

Amazon応用編

Pocket

八原 昌太郎
八原 昌太郎

期間限定でAmazonせどりの強化書プレゼント中。

商品リサーチ方法やAmazonで売れる鉄板商品を公開。

コチラをクリックして特典を受け取る

転売ビジネスをすると、Amazonやヤフオク等のプラットホームで販売して売上を上げていきますが、リスクとしてプラットホームのルール変更があります。

例えば、最近だとヤフオクが最低落札価格のサービスをなくしたり、AmazonがFBAの出荷手数料を上げたりといったルール変更がありました。

 

プラットホームに依存している以上は、プラットホームのルール変更は避けては通れない道です。

プラットホームを使うことにより、勝手に集客をしてくれるメリットがある一方で、こういったデメリットもあるわけなんです。

リスク分散してプラットホームを2つ持ちましょう

プラットホームのルール改定があったときのことを想定して、販路を複数持っていることをオススメします。

販路を複数持つことで、仮に一つの販路が駄目になったとしても、もう一方の販路で売上利益を安定させることができます。

販路を複数持つ場合に気をつけないといけないのは、在庫を統一できるかです。

 

例えば、国内Amazonと海外Amazonの2つのプラットホームで販売していくとなれば、FBAに納品するのであれば、国内と海外で在庫を2パターン持たないといけません。

これが国内Amazonとヤフオクであれば、国内に商品を送るので在庫を共有することができるので、在庫を複数持たなくても大丈夫です。

八原昌太郎
八原昌太郎

在庫が多くなるほどリスクも増えるので、在庫はできるだけ今持っているものと共有して販売できるようにした方がいいです。

複数の販路を作るには1つの販路の柱を立ててからがオススメ

2つの販路を持った方がいいと話をしましたが、いきなり2つの販路を使って売上と利益を伸ばしていくのはハードルが高いです。

2つ同時進行にプラットホーム使って販売していくと、時間と労力が必要になるので、まずは1つの販路でしっかり柱を作ることをオススメします。

 

柱が十分でない状態で、もう一つ販路を増やしたとしても、その柱は倒れてしまい売上と利益は中途半端になってしまいます。

できれば、一つの販路で売上と利益を十分に上げることができて、時間もある程度に余裕ができてからやっていくのがいいでしょう。

目安としては、利益30~50万円の収入を増やしてから販路を増やしていくことをオススメします。

販路は国内Amazonとヤフオクの同時出品がオススメ

もしある程度余裕ができたのであれば、国内Amazonをやっている人は、ヤフオクと同時に出品することをオススメです。

 

もちろん逆でも大丈夫です。

ヤフオクやっている人は、Amazonと併売することをオススメします。

 

Amazonとヤフオクと併売したら、AmazonのFBA倉庫に在庫を置いておけるので、ヤフオクで注文が入ってもFBAマルチチャンネルサービスを使うとAmazonのスタッフが対応してくれるのでとても便利です。

 

メルカリやラクマの場合は、Amazonのマルチチャンネルの発送が違反となり、「Amazonの箱で商品が届いた」と購入者が事務局に連絡するとアカウントを止められる可能性があります。

 

ヤフオクも基本的にはAmazonマルチチャンネルでの発送は禁止だが、ルールが緩いので問題はございません。

八原 昌太郎
八原 昌太郎

Amazonとヤフオクで同時出品することが売れ行きが2倍になるので、売上利益は一気に加速します。

まとめ

Amazonせどりをやっている人は、Amazonがルール改定をすることを見据えて、複数販路を持っておくことをオススメです。

ただ、複数の販路を持つ場合は、1つの販路で柱を十分に立ててからがオススメです。

いきなり同時進行で販売すると時間と労力がかかってしまい、力も分散され中途半端な結果になります。

Amazonせどりで十分に土台を作ってからヤフオクを一緒にすることをオススメします。

Amazonせどりでまだ結果が出ていない人は是非、下記からAmazonせどりの強化書を受け取ってください。

下のバナーをクリックしてプレゼントを受け取りましょう。