八原 昌太郎ブログ 自由を生み出す仕組みのつくり方

Amazonせどりビジネスで一気に利益が伸びるタイミングとは!?

Amazon応用編

Pocket

 

Amazonせどりビジネスの初心者の方は、リサーチしているけれども利益が中々でないと嘆いている方が多いと思います。

 

「このまま続けていて本当にAmazonせどりで稼ぐことができるのだろうか?」と感じている人は多いんではないでしょうか?

 

でも、Amazonせどりビジネスを継続していたら利益が出始めるタイミングというのはあります。

 

今回はAmazonせどりビジネスで利益が出始めるタイミングをお伝えします。

 

Amazonせどりビジネス初心者が押さえておくべき3つのポイント

 

Amazonせどりビジネス初心者は、初めたばかりで利益がでなくて当然です。

 

なぜ利益がでないのかというと、単純にAmazonせどりビジネスに慣れていないからなのです。

 

逆に言うと慣れてしまえば利益が出るということなんですよ。

 

Amazonせどりビジネスに慣れるとはどういうことかというと

 

・売れる商品と相場を覚える

 

・モノレート又はオークファンを正確に読み取れる

 

・売れる感覚を肌で感じる

 

の3つがわかれば、利益が出始めます。

 

売れる商品と相場を覚える

 

Amazonやヤフオクでも売れる商品というのは大体決まっています。

 

これを知っているか知っていないかだけで、リサーチスピードが全然違います。

 

例えば、メルカリやヤフオクで売れる商品が安くで売られていたら、モノレートやオークファンで調べなくても即決で購入できます。

 

売れる商品を知っていれば、あとは安い金額で出ているのを探すだけになりますし、逆に売れない商品を知っていたらモノレートやオークファンで調べる手間が省けます。

 

そのため、リサーチスピードが上がり、同じ時間でもリサーチ件数が違うので仕入れ数が増えていきます。

 

モノレート又はオークファンを正確に読み取れる

 

リサーチで一番大切なのが、モノレートとオークファンを使って売れる商品と確実に売れる価格が読み取れるかどうかです。

 

利益が出るか出ないかは仕入れる時点でほぼ決まっています。

 

モノレートやフォークファンで確実に売れる価格が読み取れるようになれば、赤字が少なくなり利益が伸びてきます。

 

ただ、最初の頃は、モノレートやオークファンの見方に慣れていないので、確実に売れる価格を読み取るのが難しく感じるかもしれませんが、仕入れと販売を繰り返していけばわかってきます。

 

Amazonせどりビジネスは、データに基づいて仕入れして販売するので、このモノレートとオークファンの見方がとても重要になってきます。

 

参考:Amazonせどり!モノレートを使って不良在庫をなくしましょう!

 

売れる感覚を肌で感じる

 

一番大切なのがリサーチして仕入れた商品が自信を持って売れると言い切れることです。

 

やはり最初の頃は、仕入れた商品が不良在庫になって売れ残るのではないのかと不安になることがあります。

 

モノレートやオークファンを正確に読み取れる力が身についていれば、その不安はないのですが、Amazonせどりビジネス初心者の方は、仕入れて販売した経験値が少ないので、どうしても不安になってしまいます。

 

そのため、仕入れするのも躊躇してしまうので、仕入れ個数と販売個数が伸びずに売上利益が上がらないということがよくあります。

 

売れる感覚は、仕入れと販売を繰り返していけば、モノレートやオークファンの見方が分かってきて、売れる感覚がつかめてくるので、まずは失敗を恐れずチャレンジすることが大切です。

 

100個仕入れ100個販売したぐらいから利益が伸び始める

 

「売れる商品と相場を覚える」、「モノレート又はオークファンを正確に読み取れる」、「売れる感覚を肌で感じる」がわかれば利益は伸びてくるのですが、一体どれくらいのタイミングでわかってくるのかというと、100個仕入れて100個販売したぐらいからが一気に伸びてきます。

 

やはり、上の3つを理解するには数を販売して経験値を積んでいくしかないのです。

 

その目安となるのが100個仕入れて100個販売するぐらいとなります。

 

もちろん個人差があるので人それぞによって多少この基準より前後することはあります。

 

速い人だと100個仕入れて販売する前にコツを掴む人もいれば、150個仕入れて販売してやっとコツを掴む人もいます。

 

ただ、継続していれば必ずコツは掴めるようになります。

 

100個仕入れて販売すれば、売れる商品をある程度理解できておりリサーチスピードも上がってきます。

 

もちろんモノレートやオークファンで必ず売れる価格が読み取れるようになっており、確実に売れる価格で販売したときに利益が出るように仕入れをするので赤字になることがほとんどありません。

 

この時点で売れる感覚も十分に肌で感じているので、仕入れも躊躇することなくアクセル全開で仕入れすることができ、資金がいくらあっても足りないと思うぐらいリサーチが楽しくなってきます。

 

まとめ

 

Amazonせどりビジネス初心者で利益が伸びてくるのは100個仕入れて100個販売したタイミングとなります。

 

もちろん個人差があるので、この基準より前後する人もいますが、上の数値が大体の目安となります。

 

トータルで100個仕入れて100個販売できたら、「売れる商品と相場を覚える」、「モノレート又はオークファンを正確に読み取れる」、「売れる感覚を肌で感じる」がわかってくるので、赤字になることがなくなり、一気に利益は積み上がってきます。

 

諦めずにやれば必ず見えてくるものがありますので、まずはトータルで100個仕入れて100個販売できるよう継続していきましょう。