Amazonせどりで外注化するオススメのタイミングとは!?

ビジネスモデル(仕組化)

八原 昌太郎
八原 昌太郎

期間限定でAmazonせどりの強化書プレゼント中。

商品リサーチ方法やAmazonで売れる鉄板商品を公開。

コチラをクリックして特典を受け取る

Amazonせどりで利益が上がってきたら作業を外注化していく人が多いですが、では実際にどのタイミングで外注すればいいのか!?

皆さん、知りたい人が多いかと思います。

 

AmazonのFBAサービスを利用している人は、お客様から注文が入った後の工程(発送業務、クレーム対応、入金確認)をAmazonスタッフが対応してくれるので半分外注しています。

しかし、その注文前の工程(検品&クリーニング、出品、写真撮影、Amazon倉庫へ納品)は自分でやらないといけません。

 

出品や梱包作業は、販売個数が増えてきたら作業が膨大になり大変なので、1日でも早く外注化していきたいでしょう。

今回は、外注化するタイミングについてお話をしていきます。

外注するときにかかるコストを把握しよう

作業を外注化するということは、人に出品代行をお願いするのでコストがかかってきます。

そのコストが一体いくらなのか?

知らない人も多いと思うので解説していきます。

 

この出品代行にかかる際のコストは、1品につき@1000~@1500ぐらいが相場となります。

さらに月額でシステム利用料で5000円前後かかるところが多いです。

 

なので、依頼する個数が多くなればなるほど外注費が増えていきます。

初心者は外注化せずに自分で作業しよう

Amazonせどり始めたての初心者は、リサーチしていても利益が出る商品が中々見つかりません。

さっきも説明しましたが、出品代行の費用として1個@1000〜@1500かかるので、平均利益額が1000〜1500円だと、利益が無くなるので意味がありません。

なので、ある程度利益がで始めたら外注化することをオススメしています。

 

その他にも仕入してから発送するまでの一連の流れを、自分が把握しておく必要があります。

この一連の流れを把握していないと、万が一何かトラブルが起こったとき、自分が理解していないので外注スタッフに指示することができません。

最初のうちは必ず自分で仕入してから発送するまでの一連の流れをやりましょう。

外注化するタイミングは利益が出始めてから

外注化するタイミングは、人それぞれ違いますが目安として平均利益額が2000〜3000円以上取れるようになったら外注することをオススメします。

2000~3000円利益があれば、外注費を差し引いても1000〜1500円の利益が残るので、事業として問題ございません。

 

特に副業の人は、限られた時間の中で仕入れをしながら、作業をしないといけないので大変ですよね。

できるだけ作業を外注化して、一番お金になるリサーチ仕入のところに時間を割くことで利益を右肩上がりに伸ばしていくことできます。

 

 もし、2000〜3000円利益取れていない人は、半分外注化して、もう半分を1人で作業するということもできます。

出品代行にお願いしたら、全て出品代行業者に依頼する必要はありません。

利益が出そうな一部の商品だけを出品代行業者に依頼するのもありです。

副業⇨独立したい人は自分でやろう

もしあなたが副業から始めてAmazonせどりで独立したいのであれば、自分の目標利益があると思います。

その目標利益に到達するまでは、自分で頑張って作業することをオススメします。

 

なぜなら、Amazonせどりの場合は、出た利益を仕入れに回して複利でお金を膨らませます。

資金さえあれば、商品単価を上げて個数を増やしていけば目標利益はすぐに到達できます。 

 

なので、出た利益は出品代行業者に支払うのではなく、次の仕入に回していくことにより資金を大きく膨らませていくので、副業から本業にしたい人は外注を使わず、自分で作業することをオススメします。

八原 昌太郎
八原 昌太郎

出品代行業者は利益が2000〜3000円の利益がで始めたら利用するのが一番オススメです。副業でビジネスを続ける人は、なるべく早く外注化していきましょう。そして副業⇨本業にしたい人は、出た利益を仕入に回していき売上を上げていくことを優先しましょう。

さらに詳しく仕組み化や外注化について知りたい人は、メールマガジンに登録しよう。

メールマガジンではAmazonで自由を生み出す仕組みを構築するための情報を動画や過去の受講生の成功体験をもとに配信しています。

詳細はコチラから⇨ http://yaharashotaro.com/lp-1/

コメント

タイトルとURLをコピーしました