八原 昌太郎ブログ 自由を生み出す仕組みのつくり方

Amazonせどりは新品出品規制により稼ぎにくくなった!

Amazon規約

Pocket

Amazonでは新品の出品規制が年々厳しくなってきています。

これまでは、Amazonで新品を出品しても問題なく販売できていたが、最近では、Amazonからメーカー又は卸業者からの請求書を要求されることが多いです。

この請求書をAmazonに提出できないと出品停止やアカウント停止も可能性としてあるので非常にリスクが高いです。

では、小売店又は個人から仕入れた商品を新品出品する際は、どうすればいいのか?

個人から仕入れた未開封品は新品扱いにならない

そもそもメルカリやヤフオク等で売られている新品未開封品や新品未使用品は、物自体は新品ですが、Amazonで出品するときは、新品扱いにならず中古扱いになります。

 

Amazonせどり!ネット仕入れの未使用品は出品要注意!/」でも詳しく説明していますが、Amazonの規約上、「個人(個人事業主を除く)から仕入れられた商品」、「メーカーが提供する保証がある場合、保証期間その他の条件において、メーカーの正規販売店と同等のメーカー保証を購入者が受けられない商品」、「Amazon.co.jp上(Amazonマーケットプレイスを含む。)で仕入れられた商品」は、新品として出品していはいけないと記載があります。

 

なので、小売業で購入した新品商品も新品として出品してはいけません。

なぜなら、小売店から購入した時点でメーカー保証がスタートしており、Amazonで出品スタートしたときにはすでにメーカー保証が始まっており、同等のメーカー保証が受けられないからいです。

 

なので、個人や小売店から購入した新品未使用品は、Amazonの規約上でほぼ新品で出品しなければなりません。

新品出品するには卸業者の請求書の提出が必要

Amazonで新品出品する場合、出品登録はできるのも事実。

しかし、Amazonから抜き打ちでメールで卸業者の請求書の提出が要求される場合があります。

 

これがメーカー又は卸業者から仕入れた商品であれば請求書を提出できるので特に問題ございませんが、ヤフオクやメルカリで個人で仕入れた商品や小売店から仕入れた商品であれば、請求書はないので提出できません。

 

請求書が提出できないと、Amazonアカウントスペシャリストから「このセラーは悪いことしてるんじゃないか?」と思われ、一度アカウントを止められてアカウント審査される可能性があるので要注意です。

 

一方で、Amazonの出品する際に、最初から出品規制がかかっていて出品できない商品もあります。

 

上はアップルの商品ですが、本来「出品する」というボタンがありますが、「出品制限が適用されます」と書いています。

最近多いのが、このようにメーカーによっては、そのメーカーの全ての商品が出品制限が設けられていことがあります。

 

特に、新品商品は、このように出品制限かかっている傾向が多いのです。

僕が知っている範囲では、appleやcanon、panasonic、sony等の新品商品は、出品制限がかかっており、新品は出品できないことがあります。

 

出品を解除するには、卸業者から10個以上仕入れた商品の請求書をAmazonに提出する必要があります。

請求書をAmazonに提出しても、100%出品が解除になるわけではなく、Amazonが審査をして出品解除するかどうかを判断します。

場合によっては、請求書を提出しても出品解除にならないケースもあります。

 

出品解除できない理由は、Amazonから私たちセラーには教えてくれないので理由はわかりません。

ただ、私の予想としては、アカウントを作りたてのセラーや売上や販売個数の実績が少ないセラーは、請求書を提出しても出品解除されない傾向があります。

メーカー側がネット販売を制限している

出品制限がかかっているメーカーは、メーカーがAmazonに一定の業者以外は新品出品をしないように制限して欲しいとお願いしていると言われています。

Amazonの場合は、カタログ出品なので一つの商品ページで相乗りで商品を出品します。

 

一つの出品ページに新品商品が並ぶと、差別化を図るために各セラーは、価格を下げていきます。

そうすると価格合戦になり商品の価値が下がってくるのですが、メーカーにとっては自社の商品の価値を下げられるのは嫌なのです。

ネットが価格を下げると、小売店も値段を下げざるを得ません。

 

そうなると商品の市場価格がどんどん落ちていきますよね?

 

やはりメーカーは自分たちが作った商品に誇りを持っているので、ある程度の市場価格(相場)を保ちたいのです。

 

ネット販売は、価格合戦に陥る傾向が強いので。メーカー側がAmazonに新規の新品出品者を制限するようお願いしている予測されます。

そうなってくると、今後新品商品は、Amazonでは稼ぎにくくなります。

Amazonせどりするなら中古品を販売しよう

Amazonせどりで新品が利益を上げていくのが難しいのであれば、中古品を扱うことをオススメします。

中古品の場合は、新品商品と違って価格競争に陥ることがないので出品制限もほとんどありません。

なぜなら商品コンディションや付属品が揃っているかいないかで価格差をつけることができるからです。

しかし、中古品であっても一部のメーカーや機種によっては出品制限がかかっているものもあります。

理由は不明だが、時間が経てば出品が解除される場合もあるので新品と比べてリスクは非常に少ないのです。

 

中古品は、検品やクリーニングが必要で面倒なので、大手小売店が参入しにく傾向があるので、我々個人(弱者)が中古品を扱えば、Amazonのフィールドで充分に戦えます。

まとめ

Amazonせどりでは、新品出品は年々厳しくなってきており、今後長く稼いでいくのは難しくなっていくのが予想されます。

いつ何が起こるかわからないためにも新品ではなく、メーカー規制が少ない中古品を扱って販売することをオススメします。

八原 昌太郎
八原 昌太郎

Amazonせどりビジネスでお金と時間の両方を手に入れられる仕組みのつくり方を3本の無料動画にてお伝えしています。