八原 昌太郎ブログ 自由を生み出す仕組みのつくり方

転売で稼ぎたいのであれば商品単価を上げろ!

Amazon販売促進

Pocket

 

転売で稼いでいくのであれば、薄利多売で売って稼ぐ方法と、販売個数を少なくして高額利益をとって稼ぐ方法があります。

 

もちろん、この両方を組み合わせて稼ぐ方法もあります。

 

どれもやり方としては、利益が出るので正しいやり方なのですが、僕のオススメは最終的には商品単価を上げて、少ない数を販売して稼いでいくやり方がオススメです。

 

というのも薄利多売で販売すると、どうしても作業量が多くなるので時間に追われていきます。

 

逆に、高額利益を取って稼ぐ方法は、少ない販売個数で利益が積み上がっていくので時間の余裕が生まれます。

 

例えば、1万円稼ぐのに1000円で500円利益取れる商品を20個売るより、10万円で利益1万円の商品を一個売った方が作業量としては楽ですよね?

 

ただ、この話は極論で、単価を上げてしまうと販売が鈍くなるので、まずはある程度薄利多売で販売して、徐々に商品単価を上げてください。

 

転売で稼ぐならまずは販売個数を意識すること

 

下の売上の公式を見てください。

 

売上 = 商品平均単価 X 販売個数 利益 = 平均利益額 X 販売個数

 

売上と利益を上げるには、販売個数は重要な役割をしています。

 

販売個数が少なければ売上と利益は上がってきません。

 

なので、どちらにせよ今後売上と利益を上げていくには、販売個数は必須になってきます。

 

今のうちにたくさん仕入れてたくさん販売する力をつけていきましょう。

 

目安としては、100個仕入れて100個売る力を身につけることです。

 

単価は安くてもいいので、とにかく単月100個仕入れて100個販売できる力がつければ、あとは商品単価を上げれば利益が上がってきます。

 

販売個数が増えてきたら商品単価を上げていく

 

例えば、下の①と②の数字を見てください。

 

①売上100万円 = 平均商品単価1万円 X 100個

 

②売上300万円 = 平均商品単価3万円 X100個

 

仮に利益率10%とする場合、①の利益は10万円で、②の利益は30万円です。

 

商品単価が違うだけで、①と②の販売個数は同じ100個なので、①と②は作業量は一緒ですよね?

 

そう、100個仕入れて100個販売する力が身につければ、単純に商品単価さえ上げてしまえば同じ作業量で30万円行ってしまうんです。

 

ただ、上の公式だけ見ると、平均商品単価を上げたら多少販売個数が少なくても売上と利益は上がりますよね?

 

販売個数少なくて楽そうと思うかもしれませんが、気をつけなければいけないのが、あまりにも商品単価を上げてしまうと売りが鈍くなり資金が回らなくなる可能性があります。

 

やり方としては、まずは販売個数(量)を販売して、徐々に商品単価(質)を上げて販売個数を少なくしていくことをオススメします。