カメラ転売

超入門編⑥ 初心者に人気のアプリを紹介します!

Pocket

 

転売ビジネスをこれから始める人や既に取り組んでいる人へ、今回転売で役立つオススメアプリを紹介します。

 

このアプリを使っていくと不良在庫や相場の読み間違えが無くなったり、各サイトに行く時間の短縮や仕入れ効率が上がります。

 

是非、最後まで読んでいただき有効に使ってください。

 

モノレートを使って相場と不良在庫を無くす

 

Amazon転売する人は、必ず必須のアプリとなります。

 

GoogleやYahoo!の検索窓に「モノレート」と入力して検索すれば一番ヒットします。

 

皆さんが転売で一番恐れているのは不良在庫ではないでしょうか?

 

「仕入れた商品が売れなかったらどうしよう~」と思い、中々仕入れするのに一歩踏み出せない人も中にはいるかと思います。

 

ただ、このモノレートを使えるように不良在庫を無くすことができます

 

モノレートには、Amazonで出品されている商品のランキングが載っており、Amazonで出品されている商品が3か月間、6か月間、1年間で一体どれくらいの数や金額で売れているかを調べることができるのです。

 

モノレートを使用するときに見るポイントはたった2つです。

 

「ランキンググラフ」と「期間毎の最安値一覧」です。

 

モノレートの検索窓に商品名を入れると、下記のように該当商品がでてきます。

 

 

そして下の方にスクロールしていくとランキングというグラフが出てきます。

 

 

ランキングのグラフを見るとギザギザがたくさんあるのがわかると思いますが、このギザギザが多ければ多いほどたくさん売れていることを表しています。

 

要は、このランキングのギザギザの数=売れている数となります。

 

例えば、上のランキングを見れば、5月後半ぐらいから8月後半の3か月ぐらいにかけて、25個売れているということになります。

 

これはさっき言ったギザギザの数=売れている数から算出できるのです。

 

このギザギザの数が多ければ多いほど売れる商品なので、できるだけギザギザが多いものを仕入れて販売していきましょう。

 

目安としては、3か月に10個以上のギザギザがあるものを仕入れると不良在庫になることはほとんどありません

 

そして、最後に売れる商品であることがわかったら期間毎の最安値一覧を見ていきましょう。

 

こちらは上のページを更に下にスクロールしていくと見れます。

 

この「期間毎の最安値一覧」を見ると、Amazonでどれくらいの価格で商品が売れるかがわかるようになります。

 

上の期間毎の最安値一覧を見ていくと日付が7/23~8/13にかけてずらっと並んでいるのがわかるかと思います。

 

そして中古の列に出品者数と価格が載っていますよね。

 

例えば、7/27から7/28にかけて出品者が11人から10人に減っているのがわかるかと思います。

 

この時の最安値は700円です。

 

この最安値とは、Amazonで当時売られていた最安値の商品価格となります。

 

なので、最安値700円のときに出品者が減っているということは700円で売れるということなんです。

 

もうひとつ見てみます。

 

8/16から8/17にかけても出品者が減っていますよね。

 

この時の最安値は1406円となっており、出品者が減って8/17には最安値が10000円に変わっています。

 

これは8/16の最安値1406円が売れて、8/17の最安値が10000円になったということです。

 

なので1406円でも売れるということなんですね。

 

このように見ていくと大体その商品がいくらで売れるかがわかってきます。

 

モノレートを使えば販売価格を把握できるので不良在庫を無くすことがでます。

 

こちら登録不要で無料で使えるアプリとなっていますので、Amazonで転売する人は必ず使うようにしてください。

 

参考:Amazon転売!モノレートを使って不良在庫をなくしましょう!

参考:「カメラ転売!Amazonで赤字にならないためのモノレートの見方!

 

オークフリーを使って確実に売れる価格を調べる

 

 

次に紹介するのは「オークフリー」というアプリでヤフオクの落札相場を調べることができます。

 

よく似たサイトでオークファンがあるのですが、こちらは無料で使うことができます。。

 

過去にヤフオクで取引された商品の履歴がデータとして掲載されているので、自分が売りたい商品がどれくらいの価格で売れるのか履歴から調べることができる便利なアプリです。

 

このヤフオクの落札相場を見てAmazonで販売する商品を値決めするときことができます

 

例えば、検索窓に自分が売りたい商品のメーカーや型番を入力して3ヵ月にチェックを入れて検索ボタンを押します。

 

そうすると自分が売りたい商品のヤフオクの落札履歴がズラッと出てきます。

 

このとき順番を「落札価格の高い順」に並び替えると見やすくなります。

 

そして自分が出品する予定の商品と同じコンディションのものを見ていきます。

 

例えば「非常に良い」で出品する予定なら、落札履歴の商品タイトルに「美品」や「極美品」、「新品級」と書かれているものを見つけていけば大丈夫です。

 

そうすると大体どれぐらいの金額で売れているかわかります。

 

例えば、上のカメラ SONY  α6000 ブラックのダブルレンズキットであれば、50000~53000円ぐらいで売れているのがわかるとかと思います。

 

ヤフオクでよく取引されている価格は50000円付近なので、Amazonでは50000円付近では確実で売れるのと、Amazonの方がヤフオクより1割増しぐらいで高くで売れる傾向があるので55000~56000円付近でも売ることができます。

 

 

Amazonの価格を見て頂いたらわかるように56000円前後でも売られていますよね!?

 

ヤフオクで売れるということはAmazonでも売れます。

 

このようにオークフリーでヤフオクの過去の落札相場を見ることによりAmazonの売れる価格を決めることもできるのです。

 

モノレートとオークフリーを使えるようになったら、不良在庫なく確実に商品を売ることができるので、こちらのアプリも是非マスターしてください。

 

ショッピングリサーチャーで作業効率アップ

 

ショッピングリサチャーとは、Amazonの商品ページから1クリックするだけで直接モノレートやヤフオク、メルカリのページに飛べるGoogleの拡張機能となります。

 

 

モノレートで商品を検索するときに、モノレートに商品名を打ち込んだり、モノレートの検索窓にAmazonの商品ページに掲載されているASINコードをコピーして貼り付けて検索する必要があります。

 

毎回、モノレートの検索窓に商品名を入力したり、ASINコードをコピー&ペーストするのは結構大変ですよね?

 

ただ、このショッピングリサチャーを使うことにより、Amazonから1クリックでモノレートに飛べるので時間短縮できます

 

こちらのシッピングリサーチャーは、ブラウザをGoogleにしてchromeウェブストアを検索してください。

 

chromeウェブストアを開いたら、左上の検索窓に「ショッピングリサーチャー」と入れて検索すると出てきます。

 

無料版と有料版があるのですが、無料版で全然問題ございません。

 

無料版をパソコンに入れるときは「chromeに追加」のボタンを押せば拡張機能として使用できるようになります。

 

ただ、ショッピングリサーチャーを使ってヤフオクやメルカリに直接飛ぶ場合は、Amazonの商品タイトル全てをコピーしてメルカリやヤフオクで検索してしまいます。

 

 

そのため商品タイトルのキーワードが多すぎて、メルカリやヤフオクで検索ヒットしないケースが多いので、メルカリやヤフオクでのリサーチは不向きとなります。

 

 

Amazonの商品ページから直接モノレートに飛ぶだけでも非常に便利で、しかも無料で使えるので、是非ご自身のパソコンに導入してください。

 

EASY AUTO REFRESHで仕入れ数を増やす

 

最後に紹介するのが、サイトをオートリロード(更新状態)にするEASY AUTO REFRESHのアプリとなります。

 

こちらもGoogleの拡張機能のアプリとなっています。

 

 

例えば、メルカリやラクマのようなフリマアプリや各店舗のネットショップは、リサーチするとき新着順に並び替えて安い商品を探していきます。

 

フリマアプリやネットショップの新着順は、早い者勝ちでなので安い商品が出てきたら一瞬で売れてしまいますよね。

 

パソコンでフリマサイトやネットショップの新着を更新する場合は、毎回キーボードの「F5」か「Ctr+R」のボタンを押せば新着更新できますが、何回もキーボードの「F5」か「Ctr+R」のボタンを押すのは面倒だと思います。

 

このEASY AUTO REFRESHを使うことにより、「F5」か「Ctr+R」を押さなくても常にメルカリやラクマのフリマサイトやネットショップの新着情報を更新状態にさせることができます

 

しかも、1秒毎から更新できるのでライバルに負けず新着商品を仕入れることができるのです。

 

パソコンの画面を2画面以上にすると、一つの画面はフリマサイトやネットショップを更新状態にしておいたまま、もう一つの画面で作業することができるので作業効率がよくなります。

 

こちらのアプリもショッピングリサーチャー同様にchromeウェブストアの左上の検索窓に「EASY AUTO REFRESH」と入力して検索してもらえば出てきます。

 

 

私の場合は、すでにchromeに追加しているので「評価する」となっていますが、追加していない方は「chromeに追加」というボタンがあるので、そちらをクリックすれば使用することができます。

 

このEASY AUTO REFRESHを使って新着更新して仕入れ数を加速させていきましょう。

 

まとめ

 

今回紹介した4つのアプリは、Amazon転売をやる方は全て利用することをオススメします。

 

特にモノレートとオークフリーを両方見ることができるようになったら不良在庫や赤字になることがほとんどなくなるので、仕入れに対する恐怖がなくなり、更に仕入れと販売を増やしていくことができます。

 

Googleの拡張機能であるショッピングリサーチャーやEASY AUTO REFRESHもリサーチ時間を短縮できるので、短縮した時間を他のことに使うことができるので作業効率をグンと上上げることができます。

 

この4つのアプリは私も使っています。

 

他のアプリもありますが、この4つだけでも十分にいけます。

 

無料で使えるアプリになっていますので、是非皆さんもトライしてみてください。

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 副業サラリーマンが転売で仕入れを効率化させる4つのポイント!
  2. チャンスを掴み取れるかは行動の差!
  3. カメラ転売のクレームと対応方法
  4. 副業から始めたカメラ転売で1年で脱サラできた理由とは!
  5. 転売ビジネスで資金を増やしていく方法!
  6. カメラ転売!店舗仕入れで相場より高く売るコツ!
  7. カメラ転売で最近仕入れた儲かる商品を公開!
  8. 【誰でもわかる】カメラ転売とは!?メリットや方法を徹底解説

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP