八原 昌太郎ブログ 自由を生み出す仕組みのつくり方

国内Amazonせどりで継続して稼げる商材!

Amazonオススメ商材

Pocket

 

よくネットで国内Amazonせどりと検索すると「飽和している」とか「稼げない」と出てきますが、本当に国内Amazonせどりは稼げないのでしょうか。

 

ただ、世間では国内Amazonせどりで稼いでいる人も数多くいるのも事実。

 

となると国内Amazonせどりで稼げないというのはウソの情報です。

 

国内Amazonせどりで参入の余地はまだまだある

 

皆さん、例えば日本国内のAmazonの年間売上高はご存知でしょうか?

 

実はAmazonの年間売上高は、約1.3兆円あるんです。

 

この数字を聞いてどう感じましたでしょうか?

 

気づいた方もいるかもしれませんが、1.3兆円の市場規模がある中で、個人が数百人参入したとしても飽和しないんです。

 

僕ら個人がAmazonせどりビジネスで売上を上げるとなったら、多くても月商500~1000万円ぐらいとなります。

 

たとえ、転売屋が数百人いたとしても、売上規模は、たったの100億円ぐらいです。

 

市場規模1.3兆円のうち、たった100億円ですよ。

 

たかが、個人の転売屋が数百人参入したところで飽和するということはありえないのです。

 

国内Amazonせどりで扱ってはいけない商材

 

では、なぜAmazonせどりビジネスが「飽和している」とか「稼げない」と言われているのかと言うと、多くの転売屋が稼げる商材を扱っていないんです。

 

市場規模1.3兆円ある中で、いかに個人がライバルセラーと競合にならずに勝ち抜いて稼いでいくかを考えることが大切なんです。

 

「Amazonせどりビジネスで稼ぎにくいジャンル!」でも詳しく説明していますが、商品単価が低く利益が低い本やDVDのせどりは稼ぎにくいですし、中古のブランド品バックのように商品単価は高いが回転率が悪い商品は稼ぎにくかったりします。

 

特に一番稼ぎにくい商材は、新品商品です。

 

新品商品は、資本力がない僕たち個人が、大手の家電量販店や小売店に到底勝つことはできません。

 

どういうことかと言いますと、仕入れのコストを下げるにはメーカーや卸卸商社からのロッド数の多さによって変わってきます。

 

ロッド数が多ければ仕入れコストは下げてくれますが、ロッド数が少なければ仕入れコストはダウンできません。

 

資本力がある大手の家電量販店や小売店というのは、値段を安く仕入れるためにメーカーや卸業者から大量にロッド買いして仕入れコストをダウンできるのです。

 

となると資本力がない私たち個人が、メーカーや卸業者から大量に商品を購入するのは困難ですよね?

 

そんな中で、店舗で売っているセール品を仕入て販売しても、大手の小売店が値段を下げてきたら戦うことはかなり難しいです。

 

もちろん型落ち品で新品が出回っていない商品や希少性が高い商品を仕入れたら、ライバルがいないので利益をだすこともできます。

 

ただ、それをいつまで続けるのか?と私は思っています。

 

やはり、お金を稼ぐというのは継続して稼がないといけません。

 

10年、20年経っても家電量販店やドン・キホーテなどの小売店を回って仕入れし続けてる自分を想像してください。

 

結構大変ですよね。

 

国内Amazonせどりで長期的に稼げる商材

 

では、個人が大手に勝つためには、どのようなフィールドで戦っていけばいいかというと「新品」ではなく「中古品」を扱えばいいのです。

 

なぜ中古品かと言いますと、一品物につき商品コンディションや付属品の有無でライバルと価格差をつけることができるため競合になりにくい傾向にあります。

 

あと、中古品を販売するとなると、検品やクリーニングをしないといけないので、大量に商品を販売して利益を稼がなければいけない大手の小売店にとって、中古品は手間がかかるので参入してきません。

 

一方で、中古品になると新品と比べ売れ行きはよくないのが現状ですが、中古品でも売れ行きがよく回転率がいい商品を扱えば稼ぐことができるのです。

 

私が推奨する初心者が中古品を扱って稼ぎやすいジャンルは、中古カメラとなります。

 

初心者が国内Amazonせどりで稼ぎやすいオススメジャンルは中古カメラ!」でも説明していますが、中古カメラは世界中で需要があるため商品回転率もよく商品単価が大きいので、カメラ一個売った時の利益がでかいのです。

 

カメラの場合は、精密機器なので検品が難しそうというイメージがあるため個人が参入しにくく競合にならない傾向があります。

 

国内Amazonせどりのネクストステップ

 

国内Amazonせどりは小売店やネットショップ、オークション、フリマ仕入れでおこなうケースが多いですが、いつまで経ってもこの仕入れ先で仕入れし続けるのは結構大変ですよね。

 

私としては国内Amazonせどりで実績を出して資金ができたら上流での仕入れをすることをオススメします。

 

 

上流仕入れというのは小売店やオークションではなく、メーカーや卸業者、直接個人からの買取や業者オークションから仕入れすることを言います。

 

この上流から仕入れすることで正規のルートで仕入れができるので仕入れコストを大幅にダウンすることができるメリットがあります。

 

但し、この上流での仕入れは全て現金取引となるため、資金がないと厳しいので国内Amazonせどりで売上と利益を上げて資金を貯めるか融資を受けるかで現金を用意するといいでしょう。

 

あとは、上流での仕入れをしていくわけですが、メーカーや卸業者から仕入れるとなったら少し難しいイメージがあるかと思います。

 

私としては中古品を扱って買取や業者オークションに参加して仕入れする方が難易度としては簡単です。

 

ちなみに私は現在カメラの買取や業者オークションなどに参加して仕入れを行っているのですが、メーカーや卸業者に営業をかけなくて済むので非常に簡単です。

 

なので、新品よりも中古品を扱って脱転売していった方が小資金で売上と利益を伸ばしていきやすい傾向があるため、中古品を扱っていくことをオススメします。

 

まとめ

 

世間では国内Amazonせどりが「飽和している」や「稼げない」など言われていますが、市場規模から考えて飽和しているということはなく、国内Amazonせどりで稼げないのはやり方が間違っているだけです。

 

あとは稼げる商材と稼げない商材があるので、そこをちゃんと判断していくようにしていけば継続して稼ぐことは簡単なのです。

 

このAmazonせどりで大切なのは「売れる商品」を扱うことです。

 

よくみんな勘違いしているのが、自分が好きな商品を扱ったり、利益率が高い商品を扱おうとする傾向がありますが、この考えでは稼ぐのは不可です。

 

売れる商品を扱っていかないと不良在庫になりますし、利益率が高くても売れないと意味がないですよね。

 

あとは競合になりにくい中古品を扱って販売していくことで価格競争に巻き込まれずに長く稼ぐことができますよ。

 

参考:Amazonせどりは飽和しているのか!?