八原 昌太郎ブログ 自由を生み出す仕組みのつくり方

Amazonせどり初心者が仕入れができるようになるコツ!

Amazonせどりリサーチ

Pocket

 

Amazonせどりをするにあたり一番大切なのが仕入れになってくるのですが、その仕入れが初心者にとってかなり難しく、初めのうちは探しても探しても見つからないってことはよくあります。

 

では、初心者が仕入れできるようになるためには、どのようにしてリサーチしていけばいいのか?

 

今回は、初心者が仕入れできるようになるためのコツを伝授していきます。

 

商品ジャンルを絞ってリサーチする

 

最初は、商品ジャンルを絞ってリサーチすることをオススメします。

 

商品ジャンルを絞ってリサーチを繰り返すことで、売れる商品や売れる商品の相場を覚えてくるので、継続していればリサーチしてれば、徐々に仕入れ対象商品を見つけられるようになってきます。

 

最初のうちは、売れる商品と売れる商品の相場を覚えることが大切です。

 

そして徐々に覚えてきたら、商品ジャンルを少しずつ広げていくのがいいでしょう。

 

商品ジャンルも、ジャンルだけれなくメーカーを絞ってやるといいです。

 

例えば、カメラ→デジタルカメラ→ソニーと絞って、このカテゴリーの売れる商品と相場を覚えたら。次はカメラ→デジタルカメラ→ニコンとメーカーを広げていきます。

 

デジタルカメラの売れる機種を覚えてきたら、カメラ→ミラーレスカメラ→ソニーというふうに、徐々にカテゴリーを増やしていけば、仕入れできるようになります。

 

他にもジャンルやメーカー以外にも商品単価を絞った方がいいです。

 

商品単価は、最初のうちは安い価格¥10000前後の商品から仕入れることをオススメします。

 

仕入価格が安いヤフオクやメルカリでリサーチする

 

仕入先としては、店舗やネットショップ、ヤフオク、メルカリ等色々ありますが、まずは素人出品が多いヤフオクやメルカリに絞ってリサーチすることをオススメします。

 

店舗やネットショップでの仕入れの場合、もちろん利益が出る商品はあるのですが、ヤフオクやメルカリと比べると多くはありません。

 

店舗やネットショップは、値付けをする際に、賃料や人件費を上乗せして、更に相場を調べてから商品を販売しているので、価格差がある商品を見つけにくいです。

 

ヤフオクやメルカリの場合は、相場を知らずに出品している人が多いので、価格差がある商品を仕入やすいのです。

 

ヤフオク仕入れのコツは、Amazonせどり!ヤフオク仕入で利益が出る商品を超簡単に見つけるコツ!で詳しく説明していますが、入札が多い順で調べていくと外れが少なくあります。

 

入札が多い=人気がある=価格安い可能性があるので、是非一度ご自身で調べてみて下さい。

 

少しでも利益が出るようであれば仕入れてみる

 

いきなり利益を取ろうとしてリサーチしても、中々仕入れることはできないので、まずは少しでも利益が出そうであれば仕入れみましょう。

 

商品単価を10000円以下にすれば、相場変動して赤字になったときの金額もしれています。

 

利益出るかでないか微妙な商品は、少しでも迷うのであれば買った方がいいです。

 

たとえ赤字になっても安い勉強代です。

 

少しでも利益が出る商品を仕入れるのは、かなり勇気がいりますが、仕入れて販売することにより、売れる商品と相場を覚えるので、次ヤフオク、メルカリ、店舗、ネットショップで見つけたとき、すぐに仕入れできるようになります。

 

1日2~3時間をリサーチ時間に費やし毎日継続すること

 

最初は、最低でも1日2~3時間のリサーチ時間を費やしてください。

 

初心者が仕入をするためには、圧倒的な行動量が必要になってきます。

 

1日1時間で50件、100件リサーチしただけは、やはり利益が出る商品は見つかりません

 

最初のうちは慣れないので中々2~3時間リサーチの時間を取るのはしんどい方は、最低でも1日1時間はリサーチしましょう。

 

そして、毎日継続することです。

 

継続は力なりではないですが、数々の実績を出しているスポーツ選手も毎日練習をして力をつけているように、Amazonせどりビジネスで仕入力をつけるには、やはり毎日継続することが大切です。

 

1週間で7時間リサーチするよりも、1日1時間を毎日継続してリサーチした方が力はつきます。

 

とにかく、継続するところから始まり徐々にリサーチ時間を増やしていくよう努力しましょう。

 

まとめ

 

「Amazonせどりで初心者が仕入れができない5つの理由とは!」でも書いていますが、初心者がリサーチしても仕入れできないのは、売れる商品を知らないのと慣れていないからです。

 

最初は数稽古が大切ですので、利益が出る商品があれば仕入れるようにしてリサーチしていくようにしましょう。