八原 昌太郎ブログ 自由を生み出す仕組みのつくり方

初心者がネットショップをオススメしない理由

Amazonせどりリサーチ

Pocket

 

ネットショップを開きたいという方、たくさんいらっしゃいますよね。

 

ただ、正直言って初心者がネットショップを開くのはオススメできません。

 

その理由について今回説明していきます。

 

集客が難しい

 

ネットショップは自分のオリジナル店舗となります。

 

自分でサーバーを借りてサイトを作成して、そっから商品を並べて販売していくのですが

 

販売する前に集客をしないといけません。

 

いわゆる自分のショップサイトにアクセスを集める仕組ですね。

 

この仕組を作るのがとても大変なんですよ。

 

検索エンジンから自分のサイトが検索されるように、SEO対策をしないといけませんし

 

SNS等で自分のサイトへ誘導等もしないといけません。

 

販売する前にお客を集めるのがとても大変です。

 

お金があれば広告を売ってSEOを上げることも可能ですが、そんなお金に余裕はないと思います。

 

なので、初心者のほとんどが挫折するのでオススメできないのです。

 

楽天やヤフーショッピングの出店も初心はやめたほうがいい

 

最近では、オンラインショッピングモールで楽天やヤフーショッピングがあります。

 

Amazonやヤフオクとの違いは、楽天やヤフーショッピングは出店、Amazonは出品となります。

 

Amazonは、すでにカタログ登録されている商品に出品して販売していくスタイルです。

 

なので、1つの商品ページに複数の出品者が並んでいます。

 

楽天やヤフーショッピングは出店となり、自社のショップページを作成して楽天やヤフーショッピングに搭載する流れになります。

 

お客様は、商品タイトルで検索して商品を探していくのですが

 

楽天やヤフーショッピングは、売上実績がある人のショップを上位に表示させるため、売上実績がある人の商品はよく売れるが、実績がない初心者の人の商品ページは、後ろの方に表示されてアクセスされにくいのです。

 

いきなり検索上位に表示されるには広告費をうたないといけないので、初心者が稼ぐにはとても難しいのです。

 

一方、Amazonは商品を検索すれば、ひとつの商品ページに複数の出品者が表示されるのでアクセスが勝手に集まります。

 

まとめ

 

初心者がいきなりネットショップに取り組む難易度お分かりに頂けましたでしょうか?

 

初心者の方は、是非Amazonやヤフオクを使った転売ビジネスからスタートするのが結果を出すのは早いです。