八原 昌太郎ブログ 自由を生み出す仕組みのつくり方

Amazonで無在庫転売する場合に気をつけないといけないこと

Amazon規約

Pocket

Amazonで無在庫出品は合法なのか

 

最近、プラットホームAmazonで出品している人が多いですが、無在庫でやっている人が多くいます。

 

無在庫とは、在庫を持たずお客様から注文が入って支払いがあれば、商品を仕入れて発送する手法です。

 

基本的に在庫を持たずお客様から注文があったら商品を仕入れるのでリスクは少なそうに見えます。

 

ただ気を付けないといけないのがAmazonは無在庫販売はルール上では禁止となります。

 

Amazonで無在庫販売がバレたらアカウント停止になる

 

Amazonで無在庫転売しているのが、Amazonにバレたらアカウント停止になってしまいます。

 

Amazonで一旦アカウント停止になってしまうと、再度アカウントを作るのは困難です。

 

いきなり大量に出品して無在庫で販売するとAmazonに目をつけられるので注意が必要です。

 

価格競争に陥りやすい

 

無在庫販売は基本誰でも出品できるので価格競争に陥りやすいでメリットもございます。

 

とくに新品になってくると差別化できないので価格競争に陥りやすくなります。

 

価格が下がると利益も少なくなってきますよね。

 

まとめ

 

在庫を持たないリスクがあるので、一見よさげですが、Amazonのルール上では無在庫販売は禁止です。

 

無在庫販売しているのバレるとアカウント停止になるのでかなりリスクが高いです。

 

また、新品で販売すると価格競争にも陥ってしまうので、利益が薄くなります。

 

お客様から注文があってから仕入れするので、有在庫と違って資金繰りが遅いのもデメリットですね。

 

しっかりルール上でOKな手法でやっていくのが長く稼げます。

 

なので、Amazonせどりに取り組むのであれば是非有在庫で取り組んでみて下さい。