八原 昌太郎ブログ 自由を生み出す仕組みのつくり方

無在庫転売と有在庫転売どちらがいいか比較してみました!

Amazonについて

Pocket

Amazonせどりビジネス(転売・せどり)をしていく中で、有在庫転売と呼ばれるものと無在庫転売と呼ばれるものがあります。

意味は、そのままで在庫を持つか、それとも在庫なしでAmazonせどりするかの違いです。

これからAmazonせどりビジネスに取り組もうと考えている人に、今回はどちらのAmazonせどりビジネスがいいか比較しながら説明していきます。

無在庫転売

 

無在庫転売は、在庫を持たずにAmazonせどりをするビジネスです。

 

在庫を持ちたがる人がいないので、みんなが好む手法でもあるのですが、在庫を持たなくていいからといって、いいビジネス手法とは限りません。

 

みんないいところにだけフォーカスするのですが、もちろん悪いこともあります。

 

無在庫転売の手法と流れについて

 

無在庫転売とは、Amazonやヤフオクで商品登録だけしておき

 

お客様から注文が入り支払いが完了したら、ネットショップや店舗から仕入れをして発送するやり方です。

 

こちらは注文が入ってから仕入れするので在庫なしでできるので不良在庫のリスクを回避するメリットがあります。

 

しかも、お客様から注文が入ったお金で仕入れするので、資金もそこまで必要ありません。

 

一見よさそうに見えますが、デメリットもあります。

 

新品商品を扱って無在庫転売するとなると、ライバルが増えると価格競争になり利益が薄くなります。

 

新品商品は、商品で差別化できないので、ライバルに勝つには、どうしても価格で差別化していくしか方法がないので値崩れを起こし、売れても利益が出ないなんてこともあります。

 

最近では、無在庫の商品を出品しまくるツールもあるようですが、みんなが一斉にツールを使ったら、同じ商品を出品しているライバルが増え価格競争に陥ります

 

といって、中古品で無在庫転売したら、中古品は一品ものになるので、商品が売れたときに商品を探すのに苦労します。

 

無在庫の場合、商品が売れてから商品を仕入れるので、売れたら商品を探さないといけません。

 

なので、注文が入る度に商品を探し続けないといけないので、休みたいときに休むことができないのもデメリットですね。

 

特に、時間のない副業やOL、主婦の方が取り組むとなったら、日中の仕事以外のプライベートの時間もずっと気を張っておかないといけません。

 

Amazonやヤフオクでは無在庫販売はルール違反

 

Amazonやヤフオクでは、無在庫で商品を出品して販売するのは、ルール違反となります。

 

ルール違反と知りながらも、無在庫転売しているもいるのですが、Amazonに見つかったらアカウント停止になる可能性があります。

 

特に、いきなり大量出品とかすると、Amazonからアカウント審査が入る可能性があるので、無在庫で出品する人は慎重にやらないといけません。

 

いまは、グレーな手法で無在庫で販売できるようにすり抜ける方法がありますが、Amazonでは無在庫違反なので、今後、Amazonが無在庫出品している人を締め出すような動きが出るとしたら継続して稼ぎ続けることは難しいです。

 

また、Amazonの場合は、一度アカウント停止をくらってしまえば、再度アカウントを作り直すのは困難なので注意が必要です。

 

有在庫転売

 

あらかじめ商品を仕入れてAmazonやヤフオクに商品登録して、注文が入ったら商品を発送するやり方です。

 

名前の通り、在庫持ちでやる手法ですね。

 

Amazonせどりビジネスでは、有在庫でやるのが一般的になります。

 

不良在庫になる可能性もあるがモノレートを見間違えなければ回避できる

 

こちらは在庫を持たないといけないので不良在庫になる可能性が出てきます。

 

Amazonせどり!モノレートを使って不良在庫をなくすコツ!」でも説明していますが、モノレートの読み方をしっかり学び間違えなければ不良在庫になるリスクは極限に少なくなります

 

また、商品が売れるスピードは無在庫転売と比べて有在庫転売の方が圧倒的に速く売れていきます。

 

基本ネットで買うお客様はすぐに商品が欲しいので、すぐに発送できる出品者から買う傾向があります

 

Amazonで販売する場合、在庫持ちだとFBA倉庫に納品して販売できるので、Amazon Prime会員のお客様は翌日に商品を受けとれるFBAへ納品している商品を購入していくのです。

 

無在庫の場合は、支払いを確認してから仕入れして発送するのでタイムラグがあるので、売れるスピードも遅くなります。

 

中古商品を扱い価格競争に巻き込まれずに商品を販売できる

 

先ほど、無在庫転売で、中古品は一品ものになるので、無在庫で販売するには向かないと説明しました。

 

有在庫だと在庫持ちでビジネスするので、中古品を扱って商品を販売していった方がいいです。

 

国内Amazonせどりで利益が出る商品を仕入れるために押さえておくべき3つのポイント!」でも一部説明していますが、中古品は一品ものになるので、商品コンディションや付属品の有無によって差別化できるので、ライバルと価格差をつけることができるので競合になりにくいといメリットがあります。

 

有在庫転売と無在庫転売は結局どちらがいいのか?

 

有在庫転売と無在庫転売どちらをするのがいいのかというと、オススメは有在庫転売です。

 

無在庫転売の場合は、そもそもAmazonやヤフオクで無在庫転売を禁止しているので、今後継続して稼ぐことができるか?と言われたら、答えはNoです。

 

今後、Amazonやヤフオクが無在庫で出品している人をAIで見つけ出して、締め出そうとすると継続して稼ぐのは困難です。

 

しかも、最近では無在庫で出品するツールが出ているので、そのツールを使ってみんなが無在庫出品するとなると価格競争に陥ってしまうリスクがあります。

 

有在庫転売の場合は、中古品を扱うことにより、商品コンディションや付属品の有無によって差別化できるので、ライバルと価格差をつけることができるので競合になりにくいといメリットがあります。

 

ルールに基づいた手法なので、継続して稼ぐことができるので、これからAmazonせどりビジネスに取り組む方やすでに取り組んでて結果が出ていない方は、有在庫のAmazonせどりビジネスをオススメします。

八原 昌太郎
八原 昌太郎

長く堅実に稼ぎたい人必見!お金と時間の自由を生み出す仕組みのつくり方を3本の無料動画で期間限定公開中。

下のバナーをクリックして動画をお受け取り下さい