八原 昌太郎ブログ 自由を生み出す仕組みのつくり方

超入門編⑤Amazonで確実に売れる販売価格を調べる裏技

Amazon出品方法

Pocket

Amazon販売で確実に売れる販売価格を調べる裏技

 

国内Amazonせどりの場合は、商品を仕入れるときにモノレートで調べて仕入れしますよね?

 

ただ、モノレートは商品が売れるかどうかはよくわかりますが、いくらの価格で売れたかはわからないですよね?

 

売れる価格は、モノレートの期間毎の最安値一覧をみて、

 

中古の出品者数の減っている価格付近や

 

現在、Amazonで販売しているライバルセラーの価格を見て

 

売れる価格と予想を立てて仕入れをします。

 

たまにですが、モノレートの期間毎の最安値一覧を見たときに、

 

出品者数の減っている価格や出品しているライバルセラーの価格にムラがあるときがあります。

 

こういうときいくらで販売予定価格に困りますよね。

 

販売価格がわからない場合は、「オークファン」を使えば販売価格を外すことはありません。

 

オークファンとは、ヤフオクの過去の落札相場が載っているサイトとなります。

 

月額1000円程で利用できるのですが、とても便利です。

 

オークファンの使い方

 

オークファンを使うときは、検索窓に自分が仕入れする予定のメーカーと商品名を入れて検索します。

 

そしたら、その商品のこれまでのヤフオクの落札利益が出てくるので、「高い順」に並び替えます。

 

並び替えたあとは、よく売れている価格帯を上から順に探します。

 

必ずよく売れてる価格帯があります。

 

このよく売れている価格帯でAmazonで価格を設定したら間違いなく売れます。

 

また、このヤフオクでよく売れているの1割増しだったらAmazonで販売するポテンシャルがあります。

 

ポテンシャルがあると書いたのは、出品者の数によって大きく変わるからです。

 

出品者が少なくなったら高く売れますよね?

 

どうしてもモノレートの価格を見て、Amazonで売れる価格がわからない場合は、オークファンを活用して見てください。