八原 昌太郎ブログ 自由を生み出す仕組みのつくり方

AmazonせどりでFBA発送と自己発送どちらがいいか比較してみた!

Amazon梱包発送

Pocket

これからAmazonで商品を販売していく人で自己発送とFBA発送どちらで売っていくか悩んでいる人も多いかと思います。

自己発送とFBA発送の違いがわからない人もいるので、簡単に説明します。

 

自己発送⇀お客様から注文が入ったときに自分の自宅から発送

FBA発送⇀お客様から注文が入ったときにFBA倉庫から発送

 

この違いとなります。

FBA発送は事前に商品を自宅からAmazonの倉庫に送っておき、注文が入ればAmazonのスタッフが商品を発送してくれるサービスです。

では、一体この2つの発送方法でどちらがいいか比較していきます。

自己発送に向いている人と向いていない人の違い

自己発送に向いている人は、本やDVD、ゲームなどの小型商品を扱っている人や冷蔵庫やテレビなどの大型商品を扱っている人です。

なぜなら、本やDVD、ゲームをFBA発送すると、送料が割高になってしまい利益が出にくい傾向があります。

最近だと、郵便局が運営しているクリックポストでは198円で商品を発送することができます。

もちろんサイズや重量制限はあります。

一方、FBA発送の場合、送料で400円ほどかかります。

この料金シュミレーターを見てもらったらわかるように、FBA発送すると送料が割高になるので、自己発送した方が断然お得なのがわかりますよね。

 

あとは大型家電も自己発送で販売することをオススメします。

なぜならば大型家電をFBA発送すると、在庫保管料が高くなるからです。

これはサイズによって保管料は変わってきますが、サイズが大きくなればなるほど保管料は高くなります。

逆に小型家電なんかは、保管料は1ヶ月で1個数円などのレベルなので費用はかかりません。

大型家電を販売している人は、自己発送にして自宅から送るから業者から発送してもらうかのどちからで対応するのがオススメです。

FBA発送に向いている人と向いていない人の違い

FBA発送に向いている人の特徴は、カメラやゲーム機、オーディオ機器、パソコン周辺機器などの小型家電を扱っている人にオススメです。

小型家電だと、FBA発送の送料は500円前後となります。

(もちろん大きさによって送料が変わるので、自分が扱う商品ジャンルがどれくらいなのか事前に調べていたほうがいいです。)

下のカメラを例に見てみるとFBA発送の送料が511円なのがわかります。

この送料は日本全国どこに送っても一律511円です。

80サイズの段ボールで同じ都道府県に送ったとしても800円以上はかかるので、非常に送料が安いのがわかるかと思います。

 

忙しい会社員の方は、注文が入って都度発送するのは大変かと思います。

利益が上がってくると発送数も多くなってくるので更に大変です。

FBA発送を使うと、一つの段ボールに商品をまとめてAmazonの倉庫に発送すれば、あとはAmazonが勝手に梱包してお客様への発送手続きをしてくれるので、忙しくて時間が取れない方にはFBA発送が間違いなくオススメです。

八原昌太郎
八原昌太郎

特に販売数が多い人は毎回梱包して送り状を書いてコンビニに持っていくのは大変なので、自分の手間を減らすためにもFBA発送に切り替えて売っていくことをオススメします。

 

まとめ

自己発送かFBA発送どちらがいいかと言うと扱う商品によって異なってきます。

本やDVD、ゲームなどの単価が安くて、クリックポストなどの安い運送サービスを使えるのであれば自己発送がいいです。

その他にも保管料が高くなる大型家電なんかも自己発送で発送した方が経費がかからずに済みます。

 

小型家電を扱っている人や忙しいサラリーマンの方であればFBA発送にした方が送料も安くなりますし、時間も大幅に短縮することができます。

限られた時間で利益を出していくには、梱包や発送業務に力を入れるのではなく、リサーチ仕入れに時間を費やしていった方が利益は伸びていきます。

八原 昌太郎
八原 昌太郎

自分がどちらに向いているのかを確認して実践していきましょう。

できるのであればFBA発送をして時間を作っていくことをオススメします。